人気ブログランキング |

タグ:RPG ( 49 ) タグの人気記事

 

[PC] ジオテイル

工画堂ネタ。
「いるかさんちーむ」の新作RPGで「異世界に飛ばされちゃったよ、どうやって帰ろう」物。
異世界は定番のファンタジー風味らしい。
発売は6月予定。

やはり今の工画堂は「いるか」が牽引していくのか・・・。

egの記事

「いるか」では無いですけど、パレドゥレーヌも結構勢いありますね。
ターゲット層はアレなんでしょうけど、純粋にゲームとして面白そう。
12/22に小説とドラマCD後編が発売。

  by varelire2 | 2006-12-26 00:38 | OfflineGame | Comments(0)

[PC] イース最新作

どうやらまた出るらしい。
「イース オリジン」がタイトル。

Vまではやりましたが、ナピュは買ってマニュアル見て終了。
自分ではもう買いそうにないですが、老舗シリーズとして頑張って欲しいものです。
ただ、イースオンラインが中国開発らしいのは気がかり。

ソーサリアンオンラインも今のところ微妙な感じで、こちらも様子かなぁと。
黎明期から日本PCゲーム界を支えた雄として、これからどう出て行くのか。
コンシューマでも数多くのヒットを出した別の雄、光栄と比べて当時の大手も数少なくなった中、なんとか生き残って欲しい物です。

# ファルコムも固定ファンが多いから萎みはしないでしょうけど、爆発力は衰えてきてるのは確か。

公式

  by varelire2 | 2006-09-30 18:54 | OfflineGame | Comments(0)

妖撃隊

レトロゲーのダウンロード販売でリリースされた様子。

このゲームはかつて98DOS時代にはまり込んだ一作で、伝奇RPG
プレイヤーは超常能力を持つメンバーをまとめあげる隊長という立場で、隊員を探索斑、諜報斑、開発斑、鑑別斑に割り振り、怪現象に対応していく事になる。

諜報班が事件を探し、開発班が装備を作り、探索班が実働調査、鑑別班が事後調査を行う・・・だったかな。
実働調査は3Dダンジョンの形で、ここがRPG部分
他の班も時間経過(日数等の概念有)で配属された隊員の能力が成長します。
戦闘は銃や剣、気弾や火炎、呪符が飛び交う感じ。
バランスは少々シビアで、へんてこなPT構成だと進退窮まったりもするので、しっかりと人員配分する必要あり。
ただ、成長概念があるため、弱いキャラを趣味で育成もできなくはないです。


ツクールとか使って作りたいと思っていた自作ゲームの方向性がこれなんですよね・・・。
原点を省みる為にももう一度やってみようかな。

AmusementCenterPlus

  by varelire2 | 2006-08-01 12:55 | OfflineGame | Comments(0)

[PS2] シャイニングティアーズ

Wiz Xthもメインパートが終わったので手を付けてみました。

売りである「一人で二人を操作」
最初はファミコンの「ロットロット(古っ)みたいなもんかな?」とか思ってましたが、基本的に2Pはオート。
協力技の発動は1Pがコントロールする感じでした。
また、左右のスティックが1P2Pの移動に当たり、2Pの直接コントロールも可能。
攻撃指示こそできないものの、大体の働きはコントロールできますね。
乱戦になるとやや難しいですけど。

この戦闘部分は二人プレイも可能で、どうしてもつらい箇所は助っ人導入により突破口を開くこともできるのが嬉しい。


難点をあげると、ロード時間が長い事。
戦闘に移行する前、陰陽のデモがあるのですが、そこから戦闘画面に変わるのにロードが・・・。
デモ中にロードするなりして軽減できないのだろうか。
街での施設移動もロードが気になる。
超速のWIZをやった後だと非常に気になります。

また、背景設定で「伝説の4勇者」というような存在が出てましたが、たった17年前で伝説は無いだろ!
「○○戦役の」とか「○○事件を解決した」とかそういう冠詞にしておけば良かったものを、安易に伝説とかつけられると萎える。

  by varelire2 | 2006-07-30 10:39 | OfflineGame | Comments(0)

[PS2] グローランサーV

副題は「ジェネレーションズ」

8/3発売予定だった。
まだIVも買ってないが、とりあえず買っておくか。
イマイチメジャーじゃないゲームの限定版は後になっても殆ど流通してこないからなぁ。

今回は初代の様なSTB(シームレスタクティカルバトル=移動と戦闘でシーン区別無し)が採用されているのが嬉しい。
また、IVで好評だったらしい使い魔育成要素もあり。
一方、個人的に大不満だったリングウェポンシステムは廃止されたものの、新実装の装備品システムはまだ未知数。
使い込めば色々育つ、のはいいけど裏目にでなけりゃいいな。
RPGには装備付け替えも楽しみの一つになる訳だから、何でも固定になれるのは好ましくない。

一番大きなところは、背景世界が過去作とは別という事かも。
親子二代でのストーリーというのも楽しみ・・・だけどUCクライマックスみたいな出来は勘弁して欲しい
※親か子の片方のみに焦点絞られすぎパターン
 しかも、絞った側が名前から何から押し付け設定でギチギチ

先日BOOK OFFで手に入れたI~IIIのインタラクティブDVDみたいなやつも同時に出るようだし、それも合わせて・・・と。

諭吉さんが一人飛んでいってしまうorz


# amazonで見ると関連品結構多いのね、グローランサー

  by varelire2 | 2006-07-26 22:57 | OfflineGame | Comments(0)

[PS2] Wizardry Xth Academy of Frontier

WIZヤバイ。
最近家帰るとこればっかやってます。

おかげでプレイ時間は既に60時間突破。
撃破総数10500匹
MAP制覇率22%
死亡回数20回(全滅はまだ無し)
宝箱開封数930個

こんな戦歴ですが最も成長しているので「侍13LV」という有様。

【以下長文注意】

More

  by varelire2 | 2006-06-26 22:07 | OfflineGame | Comments(0)

[PC] Wizardry外伝 5つの試練

先日発売されたWizardry外伝 Five Ordeals
初代WIZの流れを汲むPC版。
舞台設定が異なる5つのシナリオが1パッケージに入ったお得感溢れる1本(シナリオ間のアイテム・キャラの流通は無し)
流行の華美なCGや効果もなく、声も無く、動きするほぼ無い延々とダンジョン漁りを繰り返すWIZのシステムはそれらを必要としない「一つの完成品」。
方向性を間違えたBCFやCDSによる第一線からの撤退を見れば一目瞭然。

この「5つの試練」には末弥純氏のイラストが採用されており、日本のWIZファンに取っては嬉しい限りだろう。
また7月中に公開予定の「シナリオ作成ツール」によりオリジナルのWIZシナリオが作れるようになるもの楽しそう。

  by varelire2 | 2006-06-21 17:24 | OfflineGame | Comments(0)

[PS2] 学園WIZ

Wizardry Xth Academy of Frontier
前々から気になっていたタイトルの一つ。
「WIZで学園物?おぃおぃ、勘弁してくれヨ!」
と思った方、ちょいと待ちねぇ。
版権とかの問題から呪文やら多少違う部分もありますが、元祖リルガミン三部作の流れを汲む純然たるWIZ。

古代文明イカロスの遺跡を巡って人類3カ国連合「クルセイド軍」と魔軍「ディアブロ軍」、そして古代人の末裔機械による「イカロス軍」が遺跡への転移装置「ゲート」の覇権争う世界。

世界に3箇所あるクルセイド軍の訓練施設は聖戦学府と呼ばれ、中でも最も大きいのがクライス王国にあるアーレハイン聖戦学府。
ここの予科生として入学(=キャラメイク)する所からゲームは始まる。

WIZでいう職業=学科となり、転職は転科として扱われたり、「ボルタック商店」が「購買部」に、「カント寺院」が「保健室」に。
名称こそ違えど機能的にはほぼ同じと思ってOK

種族は初代5種族の他「フェアリー」「フェルパー(猫人間)」「バハムーン」がBCFから、「ディアボロス(魔人)」「セレスティア(天上人)」をオリジナルとして加えた10種族。
バハムーンの外見の違い、犬人間、ムークを削除して新規2種族を加えたのは大幅に設定変更された「ドワーフ」の為か。
能力的には既存のドワーフと同様なので性能面では変わりないが、髭小人ではなく「毛むくじゃらの犬っぽい小人」になっている。
また、ノームも小人ではなく霊的存在となり、普段は人形に憑依して行動するという設定。

「ロード」と呼ばれるゲートを繋ぐ遺跡の通路は迷宮となり、ここを主舞台としてプレイヤーは戦っていく。
「図書館」で操作・システム上の手解きを「講義」としてクエスト形式で受け、ノービスロードを抜けられるようになる頃には「任務」としてより難易度が高いクエストを受領できるようになるはず。
「任務」は最初無視していても構わないが、これをこなすにつれより遠く危険なロードへの進入許可を得ることができるので、今のロードがぬるくなってきたら手を出してみるというスタイルもあり。

戦利品として様々な「がらくた」を入手、これを素材として「実験室」でアイテムの合成・分解ができるのも面白い。
「錬金術学科」の生徒は自分のLVに応じた錬金を無料で行えるが、失敗する可能性もある。
一方実験室の方は有料だが必ず成功する。
「保健室」での死体蘇生と比べて自力か有料か、どちらも一長一短になる訳だ。

ロードでの戦闘結果により、各ロードの制圧比が変化するのも面白い。
COM相手とは言え、ガンガン死にまくるとロード制圧比が低下、その近辺での駐留地施設利用費などが上がってしまうので注意が必要。



・・・とまぁ、ざっくり遊んでみた感想はこんなところ。
風評では「ランダムMAPのパターンが単調」「敵が色違い多い」など芳しくない物も目に付きますが、メーカーが本当にWIZが好きで作っている空気は伝わってきて好感触。

今は続編のWizardry Xth2 Unlimited Studentも発売中。
これにはXthからキャラを「転校」させることもできるとか。


昔のようにまた眠れない日々が訪れそうだ(汗

  by varelire2 | 2006-06-18 20:48 | OfflineGame | Comments(0)

シャイニングティアーズ

PS2用のRPGで気になっていた1本。
ShiningTears公式

Fateなどと同じくTony氏キャラデザ。
独特のタッチによる魅力的なキャラと、「たった二人で都市を守る」という無茶な設定、育成の自由度とアクション要素などが特徴。
戦闘部分を二人プレイもできる。

最近廉価版も3000円台で売られているのを知り、買う予定リストでも上位に入ってました。



で、それが漫画化するそうで。
「ガンガンパワード」に連載される漫画版は神田晶氏が描くらしい。
どんな絵なのか・・・

こんな絵
a0054041_6395088.jpg


Tony氏の画風とは大分違いますが、原作の雰囲気を大きく壊すことは無さそう。
単行本化したら買ってもいいかなぁ。
勿論、話の内容にもよりますが。

  by varelire2 | 2006-06-18 19:41 | | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE