2018年 03月 01日 ( 2 )

 

[京都旅行] 二日目 Eパート

天龍寺過ぎて少し進んだところの細い脇道から入ると竹林ゾーン
a0054041_12330196.jpg

めっちゃ人いる
a0054041_12335567.jpg

漫画、アニメ、ドラマ、映画とかで見かけるところだけど、アレ、大嘘
モブを30人ベースで追加するとリアリティ出てくるw
a0054041_12353880.jpg

竹林の中に神社
嵯峨野の宮神社
a0054041_12363685.jpg

源氏物語ゆかりのとこ
ここから道が分かれて、上りと平地ルートになってる
a0054041_12372924.jpg

上りルート
a0054041_12374705.jpg

天龍寺の北門がある
あの建物の奥、かなり広かったようで
a0054041_12384591.jpg

竹林を夜歩くシーンとかでライトアップされてるのがあるけど、
ライトアップは夏のお祭りの時、一時的に実施されるだけで、平時の夜は真っ暗だそうな
a0054041_12401077.jpg

夏は・・・虫が厳しそう
a0054041_12404304.jpg

徐々に下りに
a0054041_12410457.jpg

嵐山トロッコ列車の駅
3月まで休業
a0054041_12415920.jpg

線路渡って再び竹林に戻る
a0054041_12423356.jpg

人力車の待機場所
嵯峨野の宮神社から平地ルート(鳥居に向かって右)行くとここに出る
竹林内には人力車専用ゾーンもあって、乗った人だけゆっくりと撮影できるところも
a0054041_12442667.jpg

竹林回ってたら目をつけてたのが売り切れてた
a0054041_12445037.jpg

なのでこっちをお試し
a0054041_12450770.jpg

串まで熱い!
チーズ入りかまぼこに湯葉巻いてさっと揚げたものでした
てっきりチーズごろっと入ってるもんだと
これはこれでおいしかったのでよし

[PR]

  by varelire2 | 2018-03-01 19:00 | 社会・生活 | Comments(0)

[京都旅行] 二日目 Dパート

嵐山到着
a0054041_12101372.jpg

目の前の川は保津川だけど、上流のある位置から桂川と呼び名が変わるとか
a0054041_12131127.jpg

駐車場の近くの土産物屋のとこに休憩用の広場(椅子、テーブル、自販機あり)があり
a0054041_12133347.jpg

自販機の裏にひっそりと喫煙スペースが
a0054041_12141934.jpg

昼は土産物屋の上で
客どころか店員も中国人ちらほら
それだけ中国語話者の需要が高い模様
a0054041_12155326.jpg

渡月橋
a0054041_12161910.jpg

下流側は土木工事中
なんでも3年前?くらいの大雨でここら一帯が水浸しになって、
その時の泥が川底に溜まっているので、それを延々攫っているそうな
a0054041_12180418.jpg

ダンプ?後ろから見るとなんかGブルっぽい
右に見える坂道は工事のために作ったもの
a0054041_12185569.jpg

宿所有の宴会用屋形船
a0054041_12194209.jpg

渡月橋渡った先がこの辺りの宿場通りになるようで
ちょっと松島とか熱海に雰囲気似てる
a0054041_12205346.jpg

渡る前の方にもホテル作ってるらしい
a0054041_12221760.jpg

字のとこ撮ろうとしてもなかなかそれだけは撮れない
a0054041_12225056.jpg

戻ってきて嵐山メインストリート歩いてたら、まどかがいた
a0054041_12234434.jpg

猫カフェ的な?
a0054041_12240466.jpg

下はコンビニ(目立たない)
a0054041_12244639.jpg

嵐山駅
なかなかいい感じ
a0054041_12260890.jpg

忽然と寺もあった
天龍寺
a0054041_12264314.jpg

池は残念な感じ
a0054041_12270903.jpg

嵐山のついでに、といった感じで回ってる人が多い
a0054041_12274606.jpg

毘沙門天
a0054041_12281155.jpg

飛雲観音
航空関係の守り神にされてる
a0054041_12290805.jpg

この先から有料
今回は無しで
a0054041_12293822.jpg

鐘楼
仁和寺にあった赤いやつの上オープン版
a0054041_12303144.jpg

ここは公開されてない建物

[PR]

  by varelire2 | 2018-03-01 12:00 | 社会・生活 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE