人気ブログランキング |

2013年 03月 24日 ( 1 )

 

[小説] カンピオーネ

丈月 城・著
シコルスキー・絵
スーパーダッシュ文庫・刊行


神話の中から現世に迷い出た「まつろわぬ神」
神話のくびきから解き放たれた彼らは人など省みず、祭られる事も無く
ただ、あるがまま周囲に災厄をもたらす

そんな神を幾万もの偶然と奇跡の巡りにより殺してしまう人間が誕生する事がある
神を殺し、その権能を奪い、人を超えた存在、魔王として恐れ敬われる者
人はそれをカンピオーネと呼んだ


という事で
好き勝手やって歩く大災厄の「まつろわぬ神」と
好き勝手やって歩く大迷惑の「カンピオーネ」のお話

カンピオーネとはイタリア語でcampione
つまり英語だとchampion、戦士とか王とかそんな感じ
最初に定義つけて命名したのがイタリアの魔術師だった為、全世界的にカンピオーネで通る事になったそうで
作中登場するアメリカのカンピオーネは自分も周囲もchampion(戦士)とのたまいますがね

アニメ版見て、割と良さそうな設定だったので原作購入
原作は13巻?まで出てて、今は11巻読んでるところ
放映したのは原作5巻までの内容を一部短縮改変してあったようです

主人公、草薙護堂はカンピオーネである
とゲンドウの中の人の渋い声で毎回始まるアニメ
一言で言えばキスがえろいアニメでした・・・

よくあるハーレムアニメと思いきや、既存の神話における神々の記述とその成り立ちについて、独自解釈交えて超展開が多く古代史とか興味ある人にとってはwktkが止まらないかも
現にそれに惹かれたわけで・・・

なし崩し的に「地球人皆日本語でok」となりがちなアニメの中、多人種間で言語による意思疎通ができる理由付けがされているのもgood
(どっかのx条さんとか相手がわざわざ日本語で会話してくれてるのに説教パンチだからのぉ)

神の力あるからいつでもどこでも俺tueeeできる訳でもなく、それぞれに制約がついているのもいいね
必殺技となるウルスラグナ 第10の化身「戦士」の輝く黄金の剣は
FateのUnlimitedBladeWorksバリにかっこよい演出になってて良かった



アニメには登場しないアメリカ、中国、イギリスのカンピオーネも皆アクの強い面々なので
興味がある方は是非原作を!

あとは・・・発端となる場所と主人公勢にイタリアが大きく関わる為、マイナーな地中海都市やら遺跡もいっぱいです
大航海時代オンラインで培った東西地中海地理情報が大変役に立ちましたw
あと「ローマ人の物語」も

サルディーニャのカリアリからシチリアのパレルモに移動、とか言われても普通ピンとこないだろ?

今のところイチオシは第5の権能「猪」たん
巨獣かわいいよ、巨獣

  by varelire2 | 2013-03-24 00:40 | | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE