人気ブログランキング |

星雲賞2007

今年は世界SF大会と一緒にやったようですが、相変わらず新参者には非常に厳しいSF大会
現時点でまだ公式サイトで受賞作発表は無し。
# 一般参加費数万円とか

時をかける少女 星雲賞受賞
結局まだ見てませんが、メディア部門で受賞したようです。

他のノミネート作品はというと・・・

ゼーガペイン
 監督: 下田正美 サンライズ

 これは見た。
 仮想現実社会の成れの果てと現実への回帰、的な内容かな。
 なかなか良く描けていたと思う。
 ヒロインの棒読み気味な台詞回しが逆にキャラ立ちになっていたり、色々見るべき点多し

涼宮ハルヒの憂鬱
 監督: 石原立也 京都アニメーション

 これも見た。
 いわゆるライトノベル出。
 全部見るまでSFと言われてもピンと来ないかもしれない。
 演出効果を狙ったのか放映順番が物語りと無関係にバラバラだったり、
 エンディングのダンスが一世風靡したりと去年は何かと話題になった。

パプリカ
 監督: 今敏 マッドハウス

 これは見てない。
 筒井康隆原作のヴェネツィア国際映画祭出展作品らしい。

・日本以外全部沈没
 監督:河崎実 リバートップ

 名前だけは聞いたことあり。
 名前のとおり日本沈没のパロディで、日本だけが沈まなかった世界を書いた作品。
 暗黒星雲賞とか受賞するかも





日本長編部門

・天涯の砦
 小川一水 早川書房

 あら、小川さんまたノミネートされていたのか。
 (行けないと分かった途端この無関心さ)

・マルドゥック・ヴェロシティ
 冲方丁 早川書房

 スクランブルの方だけ読んだ。
 ヴェロシティはスクランブルの前の話で、スクランブルのライバル役がメイン。
 そのうち読もう。

・アイの物語
 山本弘 角川書店

 山本さん、SNE外の作品久しぶり?

日本沈没 第二部
 小松左京 谷甲州 小学館

 御大作品ですねぇ。
 まぁ読んでない訳で。
 これが受賞。

・図書館戦争
 有川浩 メディアワークス

 これは読んだ。
 意外と面白く・・・SFと言えばそう見えなくもないですが、かなり現実に近い日常的な内容



日本短編部門
短編は雑誌掲載作品のみで文庫や書籍になっていない事も多く、一つも読んだことありませんでした。

・魔述師
 飛浩隆 早川書房

クローゼット
 飛浩隆 早川書房

大風呂敷と蜘蛛の糸
 野尻抱介 早川書房
 これが受賞。

・カメリ、テレビに出る
 北野勇作 早川書房

・詩音が来た日
 山本弘 角川書店



海外長編部門

・シンギュラリティ・スカイ
 チャールズ・ストロス 金子浩 早川書房

移動都市
 フィリップ・リーヴ 安野玲 東京創元社

 これちょっと読んでみたい。
 海外部門は星雲賞情報で読む取っ掛かりになる事多かったり(汗
 これが受賞。

・火星縦断
 ジェフリー・A・ランディス 小野田和子 早川書房

 これも読んでみたい。
 タイトルと表紙見てわくわくしながらページをめくってしまいそう。

・イリアム
 ダン・シモンズ 酒井昭伸 早川書房

 ダン・シモンズだ。
 確か何冊か読んだ事が・・・タイトル忘れたけど。

・コラプシウム
 ウィル・マッカーシイ 嶋田洋一 早川書房

・カズムシティ
 アレステア・レナルズ 中原尚哉 早川書房



海外短編部門
日本短編ですら目にすることまず無いので、海外に至ってはお察し。

ワイオミング生まれの宇宙飛行士
 アダム=トロイ・カストロ&ジェリイ・オルション 浅倉久志 早川書房
 これが受賞。

・チップ軍曹
 ブラッドリー・デントン 中原尚哉 早川書房

・プランク・ダイブ
 グレッグ・イーガン 山岸真 早川書房

 グレッグ・イーガンだ。
 えーと・・・ディアスポラ?
 作品は面白いんだけど、教授先生だけあってかなりの理数系基礎知識が要求されるのがネック。
 今回のもそんな感じなのかな?

・オールモスト・ホーム
 テリー・ビッスン 中村融 早川書房

・ロンドンにおける“ある出来事”の報告
 チャイナ・ミエヴィル 日暮雅道 早川書房

・眼閃の奇蹟
 ジーン・ウルフ 柳下毅一郎 国書刊行会



コミック部門

・DEATH NOTE
 小畑健 原作:大場つぐみ 集英社

 これが来るか・・・。
 確かに去年の話題作ですね。
 一応全部読んだ。本誌で。

・武装錬金
 和月伸宏 集英社

 SF・・・でもいいか。
 大体見てた。本誌で。

・からくりサーカス
 藤田和日郎 小学館

 これもまぁ、SFか。
 途中から後半全部読んだ。本誌で。
 病院で戦う辺りからかな?

・妖精国の騎士
 中山星香 秋田書店

 少女漫画。
 また懐かしいタイトル・・・と思ったけど続いてるの?
 読んではいない。

ヨコハマ買い出し紀行
 芦奈野ひとし 講談社

 これもまた懐かしいタイトル。
 でも読んでない。
 これが受賞。



アート部門
天野御大、後藤、田中の3人しか分からないや

・増田幹生
・天野喜孝   受賞。
・岩郷重力
・笹井一個
・加藤龍勇
・後藤啓介
・田中光




ノンフィクション部門

・SF魂
 小松左京 新潮社

・特盛!SF翻訳講座――翻訳のウラ技、業界のウラ話
 大森望 研究社

 これちょっと読みたいかも
 大森さんは星海の分冊に載ってたのを少し読んだだけ。

・ぼくがカンガルーに出会ったころ
 浅倉久志 国書刊行会

宇宙へのパスポート3 宇宙開発現場取材
 笹本祐一 朝日ソノラマ

 3冊も出たのね。
 これが受賞。

・SF画家加藤直之 美女・メカ・パワードスーツ
 加藤直之 ラピュータ

 アート部門じゃないのか・・・



自由部門

M-Vロケット
 宇宙航空研究開発機構
 これが受賞。

・オープンスカイ プロジェクト フェーズ2 実機製作フェーズ
 八谷和彦 (株)ペットワークス (株)オリンポス



特別賞

米澤義博
 誰かと思えばコミケの米沢代表。
 確かに没年2006年だった。



忘れた頃に情報更新されていたので更新

  by varelire2 | 2007-09-16 12:05 | 社会・生活 | Comments(0)

<< ネトゲをやると積みゲが溜まる法則 オンラインゲームにはまるとオフ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE