人気ブログランキング |

[DDO] 霊廟に消えた少女を追え!亡者と粘液の迷宮で調査隊が見た驚きの真実とは!?

通称「カタコンベ」と言われるマーケットプレイス2大連続クエスト(以後キャンペーンと記述しよう)の一つ。
ウォーターワークスのようにカタコンベと呼ばれる施設から様々なエリアへ進むことができる構造の場所。
宗教に重きを置く欧米ならではの重厚な作りは見事。

【聖域にて】
一番上の階層「サンクチュアリ」
聖域の名も物悲しく、今では亡者が彷徨う場所に変わり果てた。
クレリックの本領が発揮されるところでもあるが・・・ウーズもいっぱい繁殖中。
a0054041_22393649.jpg


【中庭?】
3つに分かれたエリアの中心部は、天窓から差し込む光で静謐な雰囲気漂う美しさ。
中に入れないのが残念。
a0054041_22395617.jpg


【生存者の証言】
少女はなかなか見つからず、手がかりとなる生存者からの情報は驚くべき内容だった。
a0054041_2240242.jpg


【門番・・・?】
どこかの中国娘ではない。
これまでにも度々姿を見せたゴーレム系のサーバント。
しかし大きさが桁違い!
3匹まとめての登場は、地獄の番犬に肖ったのだろうか?
a0054041_22403864.jpg


【知識の砦】
聖域の下には巨大な図書館があった。
生存者の証言を元に更なる手がかりを求めて調査を進める我々の前に、再び亡者共が立ちふさがる。
バリエーション豊富なスケルトン部隊に、ゾンビ、グールの系統まで入り乱れ、図書館はたちまち腐肉と血と骨片が飛び散る無残な状態になってしまう。
a0054041_2241316.jpg


【大司教ドライデン】
シルバー・フレイム教会の大御所である大司教殿が本件の依頼人と言える。
元々は少女の面倒を見ていた別の男からの依頼だったのだが、事態が進むにつれて依頼元も変わってきた。
気になるのは大司教殿の両脇を固めていた犬型サーバントが徐々に減っていく事だが・・・?
a0054041_22543419.jpg

  by varelire2 | 2006-09-06 16:43 | Comments(0)

<< 旧作13本フリー化 [AC] 虫姫さま ふたり >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE