人気ブログランキング |

パンプキンシザース

マガジンGREAT連載の仮想近未来戦後物。
戦争物ではなく戦後物なのがポイント。
随分前に本誌でチラッと見て気になっていたんですが、その後姿をみかけず。
半年前くらいに突如ほ書店に平積みされていたので一気に既刊4冊を購入しました。

大戦終了後も各地にくすぶる争いの火の粉と、戦争による弊害。
これらに対応するべく創設されたのが戦災復興専門の治安部隊。
陸軍情報部第3課「パンプキンシザース」
お約束で第2課等はエリート扱い。

表向きは大層なお題目付きですが、基本的にお荷物扱いの彼ら。
そこに配属されてくる曰くつきの伍長。
公式には存在していない実験部隊の一つ、901ATT
本来存在しない「不可視の9番(インヴジブル・ナイン)」と呼ばれる900番台の部隊は何れも非公式な実験部隊。

第901対戦車猟兵部隊
「命を無視された兵隊・ゲシュペント・イエーガー」と言う戦場伝説。
大型のハンドガン(13mm!!)を持ち、青いカンテラを揺らしながら肉薄し、零距離射撃により生身で戦車に対峙する死神部隊。


普段はそんな様子を微塵も感じさせないとぼけた伍長。
唯一の常識人?で、ちょっとドジな曹長。
遊び人と真面目君風の二人の准尉。
貴族出身という事で厄介者扱いされる部隊長の少尉。

伍長が配属されたことにより、お荷物部隊が徐々に変化していく。


そんな様子を描いたマンガ。



で、どうやらアニメ化決定した模様。
GONZOとAICが製作に。
監督はガイバーの人らしい。

見たいけど・・・本編終わらないうちのメディア展開には聊か不安。

戦車と局地戦と戦場ドラマが好きな人にはオススメ。
見所はマーキュリー上等兵(いぬ)とステッキン曹長(らしい)

  by varelire2 | 2006-05-07 20:01 | | Comments(0)

<< プラモとか 工画堂あれこれ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE