人気ブログランキング |

[小説]とある魔術の禁書目録8

シリーズ8作目。
今回の主人公は何故か白井黒子。
これまでの読者にも「誰ソレ?」とか言われそうですが、電磁投射砲のミコトを慕う同室のテレポーター。
度々登場し、それなりに活躍している、ある意味上条のライバル?
ゴーレム戦では人命救助に大活躍でした。

上条はあくまでオマケ。
<レベル6シフト>事件で粉砕された学園都市の頭脳、ツリーダイヤグラムを巡る学園内外の陰謀に巻き込まれた白井黒子が、自分と同じ「転移能力者」と死闘を繰り広げます。

どうもミコトは例の事件(6巻辺りかな?)からかなり上条に傾いているようで、八つ当たり気味な黒子の暴れっぷりは見物です。


また、主人公がこれまでより低ランクになった為か、後半登場するレギュラー陣(上条、ミコト、アクセラレーター)のトンデモぶりはある意味爽快。
ミコトネットワークを経由して、間接的に上条とアクセラレーターが係わりを持っているのも、今後の展開に絡みそう。

巻末にはラフ絵集が付いていますが、炎の魔術師マグナス君が14歳とか!
それって初期設定ですよね!?
タバコ吸ってるしあれで14歳は幾ら外国人でも反則っしょ!

  by varelire2 | 2006-02-08 00:04 | | Comments(0)

<< [小説]レンタルマギカ [小説]GOSICKs >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE