人気ブログランキング |

[小説] ゼロの使い魔

アニメだけは見てたけど原作は違うという話は耳にしていた
今更感が非常に強いものの、丁度読む本が切れていたのもあってAMAZON ポチ
以前書店で何となく買った最新刊21巻だけは手元にあったのも効いていた

a0054041_19355056.jpg


作者がお亡くなりになり、21巻からは別人が執筆で完結までもっていくという予定らしい
代筆作家は非公開
荒れるだろうし正解だろう

9月に一気に全部読みつくした

元々の設定からして中世欧州をモチーフにした世界観ではあるものの、読むまで詳細は断言できなかった

国としては

トリステイン
 ネーデルラントもしくは北部フランス(ブルゴーニュ)
 ワインの話や人名、国家風土から見るにブルゴーニュモデルの雰囲気

ガリア
 まんまフランス王国
 強大な国力から察するにカール大帝期のイベリア含めた神聖ローマも含む気配

ゲルマニア
 まんまドイツ諸侯領
 諸侯の合議による首長の選定から、こちらも神聖ローマ期をベースにした感じ

ロマリア
 ヴェネツィアに東ローマを足した雰囲気

ブリタニア
 イングランド王国まんまですね
 浮いてるだけ

始祖ブリミルはローマ帝国の血筋とキリスト教を融合させた象徴になり、ローマ帝国領だったロマリア、ガリア、ブリタニア、トリステインがその正統後継者のポジ
非ローマだったゲルマニアが野蛮人の新興勢力扱いなもの同じ
新興勢力だが正統後継国家群より勢いがあり、ロマリアが宗教以外では衰退してボロボロなのも同じ

エルフがイスラムポジションなのは作者も書いてある通り
ターバンエルフってのはこの作品が初のモチーフなのでは?

アニメ版は1クール目だけが辛うじて原作に近いのみで、あとはかなりオリジナル
特にガリア王ジョゼフ、ロマリアの扱い、フーケの扱いが大分違う

2次創作でも数多くみられるように、本来のフーケはかなりいいやつですわなー

そしてアンリエッタ女王

こいつ、よく考えるとダメダメすぎて国が亡ばなかったのが奇跡に思える
原作後半からマシになってくるものの、ブリタニア潜入辺りは目も当てられない

アニメから原作読んでの総合的なキャラ評価としては、
フーケ、コルベール、ギーシュ、才人、タバサ、マザリーニ辺りが高め
ルイズ、キュルケ、マリコルヌ、モンモランシー、シエスタ、ジョゼフは変わらず普通
アンリエッタがかなり下落、というか地を這う勢い

  by varelire2 | 2016-11-03 21:00 | | Comments(0)

<< [小説] 天鏡のアルデラミン [千年戦争] GR11 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE