人気ブログランキング |

知れば知るほど面白い「その後」の三国志

渡辺 精一・著
実業之日本社・刊


店頭で見て衝動買い
三国成立から晋初期までを書いた珍しい本
三国分の年表も付いており、最初が曹丕死去という凄さ
孔明についても序盤で終了!(でもここまでで50ページ割くのは多すぎる!という批判もあり)

毌丘倹の乱、諸葛誕の乱、二宮の変、孫権と張昭の喧嘩、費禕の奮闘、姜維の無駄北伐と、三国末期のイベント目白押し
丁奉無双もあるよ!山越は薄いよ!凶奴はないよ!

曹家の没落と司馬家の内紛まで網羅して、晋の八王の乱の前で終了

最後に笑ったのは誰か?
読めば分かりますが、司馬炎じゃないんですねぇ
曹休がキレてたら、呉がもうちょっと頑張ってたら、歴史が少し変わってたかも

前々から思ってましたが、孔明は本当は戦争上手くなくね?
臨機応変さに欠けるというか、演義補正が強すぎる
蜀の軍師、孔明、龐統、法正に仲達加えたの四人を比べると

   統率 知力 政治
孔明 93  95  99  
龐統 90  97  78
法正 88  94  82
仲達 91  96  89

こんなかなぁ?
人を見る目にしても文官に偏重しすぎで失敗多いしさぁ
魏延は死なずに済んだはずだし、補給路にこだわりすぎて祁山大好きっ子になってオワタし

  by varelire2 | 2013-01-06 22:29 | | Comments(0)

<< [アニメ?] gdgd妖精s [小説] ソードアートオンライ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE