人気ブログランキング |

[小説]とある飛空士への夜想曲

犬村 小六・著
ガガガ文庫・刊


「追憶」から続く一連の飛「空」機モノ
前作「恋歌」より時間軸は前で、「追憶」での強敵「魔犬」側の話

真電かっけー

敵国側だった帝政天ツ上の実態と魔犬の生い立ちなどを追い、最終的に海猫との決着をつけるラストまでを2冊で描いた良作
中盤からこれでもかと描かれる国力差、劣勢での激戦が、天ツ上=帝政日本として悲壮感が際立つ
魔犬の幼馴染の芸名はちょっと狙いすぎじゃね?分かりやすいけど


追憶→夜想曲→恋歌の順番に読むのもいいかもね

  by varelire2 | 2011-09-28 20:04 | | Comments(0)

<< 電撃頑張りすぎ [一番くじ] コードギアス プ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE