<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

[小説] 妙なる技の乙女達

小川 一水・著、ポプラ社刊

ポプラ社とんと読まなくなったレーベルで出されると探すのが大変だったわい。
# 三雲 岳人の「少女ノイズ」もあったけど背表紙破損してて断念orz

最初見た時思ったのは「妙技乙」
絶対狙ってるだろこのデザイン。

読みは「たえ」なる「わざ」の「おとめたち」


赤道上に軌道エレベーターが開発された宇宙産業開拓期の話。
急発展した東南アジアにて様々な職場(宇宙用工業品デザイナー、水上タクシー、不動産に新鋭芸術など)で生き抜く日本人女性が描かれたオムニバス。
それぞれ直接の繋がりはほとんどありませんが、最終的に歯車が噛み合ったりしてるところも良く出来てる。

相変わらず生活密着型小説を上手く書く人だなぁ、と。
段組なしで字も大きめで読みやすい。
小学校高学年くらいで読んだら人生変わるかもね!(本の虫ルートへ)
[PR]

  by varelire2 | 2009-01-28 16:28 | | Comments(0)

[小説] 不全世界の創造主

小川一水・著
朝日ノベルズ・刊

町工場の一人息子が自己複製式機械を元に立身出世していく話。
終わり。


・・・じゃ、味気ないので。
幼少の頃から人付き合いが下手で周囲と馴染めない町工場の一人息子が主人公
しかし彼は天才だった。
12歳にして作り上げたのはどこにでもあるような砂を元にした焼き物タイプのロボット
特に格好がいいわけでもなく、動きが早い訳でもなく、大きくも派手でも無く、重量物の運搬もできないロボットの機能は「自己鍛造」
自分で自分のパーツを作る事ができる機能は、周囲の誰にも理解してもらえない。

不況と合理化から再編の波に覆われ買収される工場
作業場を失った主人公はネットにて出資者を募る

やがて時が経ち、ある資産家からアプローチをもらうが・・・
その相手も訳有の天才であった。


何故物を作るのか?
何故金が必要なのか?

という二つの視点から物作りと社会について読みやすく書かれたお話でした。


小川一水の小説は今のところどれも安心して読め、字ばっかりの本が苦手な人にもお勧めしやすい気がする。
普段推理小説メインのうちの親にも評判良かったり。

新設された朝日ノベルズはソノラマの後釜的存在ぽいなぁ。
ここには書かなかったけど同レーベルには笹本裕一の新シリーズも出てるし、基本的にSF色が濃い。
[PR]

  by varelire2 | 2009-01-10 23:59 | | Comments(0)

2008年秋~2009年冬

2008年秋と2009年冬開始
のアニメで面白かった&期待してるランキング(電撃調べ)

ランク入りしてるので見てたのは半分くらいか

■秋放送(見たモノのみ)
結果1位 前評判1位 ガンダム00
前評判、結果ともに1位だそうで
知名度的に妥当なとこですかね

結果2位 前評判7位 とらドラ!
電撃文庫原作のアニメ化
原作読んで無かったけど、なんとなく眺めてみてた
なんでも釘宮使えば良いってもんじゃねぇぞ!と言いたい1本

結果4位 前評判11位 かんなぎ
シンプルな表紙の漫画は気になっていたので見てみた
ギャグだった(シリアスもあり)
しかも地元仙台が舞台とか
原作単行本買っちゃったよ

結果5位 前評判3位 禁書目録
これも電撃文庫原作のアニメ化
原作読んでたのでキャストに不安を残しつつ見てみた
まぁまぁ合ってたかなぁ?
レンタルマギカの悪夢があるので、燃えと萌えが混じったマニアックなライト路線の映像化には未だ不安を感じてしまう
冬コミにかけてのにわかファン急増でニヤリとした1本
原作では空気のインデックスが声のおかげか序盤のせいか、妙に人気あってワロタ


■冬から放送(見るかなーというもののみ)
6位 自評価無し スレイヤーズ Evo-R
無難に90年代テイストを味わえるんじゃね?

8位 自評価1位 宇宙をかける少女
サンライズのSFモノ
ロケットガールとステルヴィア合わせたような雰囲気に見える

9位 自評価2位 鋼鉄のレギオス
メカ物っぽいから

10位 自評価3位 マリみて4期
これまで通り普通に見る

ドルアーガ2期、夏目友人帳2期とかもやるけど、どっちも1期見てないから最初はスルーかな
面白いらしいけど

おまけ
[PR]

  by varelire2 | 2009-01-09 21:13 | アニメ・映画 | Comments(0)

仙台初売り

もう1週間経つってのにこんなネタw
時期外れのネタはお約束だし、なんともないぜ!


今回は仕事のシフトが丁度1/2が夜勤明けになっていたのでちょろと帰りに回ってみた。
朝飯食って店に入れるたは10時前くらい。

事前にネットでヨドバシの状況を見たところ、午前4時で既に凄い人手。
今年はチラシからはあまり魅力的な商品が見つけられなかったし、そもそも掲載数が少なすぎ。
同業他社対策か?

到着した時には案の定、広告記載品の4割は完売(主に福箱)
まぁ、自分では「HDD買うかー」程度だったので問題なし

年末に見たところメルコ牛のHDDが1TBで14800円くらい
初売り時だとI/O DATAの1TBが11800円の5%還元
当然即ゲット
しかし並んでいる最中、牛の1TBが13800円で20%還元というのを発見

11800-590=11210
13800-2760=11040

・・・牛のが得じゃね?


と思ったけど後の祭り
長蛇のレジ列中程まで来て170円の為に後戻りも面倒
そのままお買い上げ

このHDD以外にもチラシ未掲載品はかなり出ていたようで、そこかしこで人だかり、呼び込み店員が見られました。

HDDの近場だと22インチワイド液晶ディスプレイが限定20個、15000円というのに惹かれた。
でも90度回転ができなかったのでスルー。
置き場所無いしね。

今考えるとXBOX360用HDMIととかVGA出力用に確保しておいても良かったカモ

パソゲーコーナーにはワゴンならぬ特価台が設置されており、falcom系を中心に山ができてました。
どうせ大したお買い得でもないんだろうと、1本手にとって見てびっくり。

 英雄伝説 空の軌跡 第三部 980円

はぁ?何このダンピング!?
確か一部二部パックがまだ未開封で家にあったから、三部買うか・・・と思ったら更にとんでもない代物発見。

 英雄伝説 空の軌跡 コンプリートBOX(1~3部セット) 980円

安すぎだろjk
これを即確保(この時点でコンプBOX残り3本)

他に並んでいたのは
・ぐるみん
・XANADU NEXT
・英雄伝説 空の奇跡より前のやつ2タイトル
・アンリアルトーナメント
・シャドウなんちゃら(洋ゲー)
他1本

お値段はどれも980円
※falcom系ソフトは一人1タイトル1本までと制限が記載されてました。

パソゲー目玉はこのくらい。

最後に2階に上がってコンシューマとかプラモコーナーを眺めるも、目を引く品は特に無し
完全変形バルキリーの模型が安かったのかも?

本当は空気清浄機とか見てくるつもりだったんですが、あまりの人混みに辟易してヨドバシ終了

その後はアーケード方面流したり、冬コミ後のアレな店覗いたら「蒼海の世紀 第7話」が売っていたのでゲットしたりで終了。

初売り購入総額は23000円くらいかな?

生産終了ソフトの初回限定版を衝動買いしたのが痛い
別の店だともっと安くて特典も多かったし・・・

おみくじで大凶引いた後だったのでがっくりきたわいorz
[PR]

  by varelire2 | 2009-01-08 14:35 | 社会・生活 | Comments(0)

[DDO] なかなかDDOする気力が沸かない話

LVが上がるほど1回のプレイに掛かる時間がどんどん増えて、更に繰り返し要求されるってのが一番痛い。
「今日はここまで!」と途中で止めて後日続きをやるのも基本的に無理。
何よりソロのメリットが薄すぎ難易度高すぎでマイペースに遊びづらい。

お手軽にソロでもサクサクできるROやHISと比べるとモチベーションがなぁ・・・
オープンβからやってきたまったり視点で比較してみた

■クエスト面
・ギミックや話など面白いものは多い
・同じクエを何度も繰り返しクリアする事で得られるメリットがある
・一度でもクリアしたクエストは仕掛けが分かっている為、駆け抜けてさっさと終わらせたい人が多い
・クエストはPT組まないとキツイだけで見入りは少なく(一部特化キャラ除く)、基本的にPT必須
自分のペースで遊ぼうとすると駆け抜けじゃないPTを組むのが非常に困難
・新しく実装されたクエをバレ無しで楽にPTで挑める賞味は、概ね実装後1週間
・レイドに挑む為には「キャラ毎に」「特定クエを周回して」「特定アイテムを規定数集める」必要がある
・特定能力値を要求する仕掛けの要求数値を猿並に低下(旧18→現11とか)

■アイテム面
・LV10時点で既に破格の性能を持ったアイテムがごろごろ
・LV16(現CAP)時の専門クラスの極振りでスキル+20、誰でも装備できるスキルアイテムでの補正が+16
・EPIC級のトンデモ装備もごろごろ
特定クエを周回してアイテムを集める事でチート級アイテムが入手可能

■戦闘面
・トンデモアイテム実装もあって、ありえないボーナスHPを持つ雑魚満載
特定能力や特定クラスを求めないクエ作りといい仕掛け等の要求数値は緩和しつつも、ほぼ全てのクエで必須となる戦闘があり、それに対する要求能力はさっぱり緩和されていない
・戦闘頻度が半端じゃない
・LV相応の雑魚敵数体>適当に作ったキャラの戦闘力

■成長面
・LV上げは比較的容易
・ただし、クエ主体なのでクエに参加できない(えり好みする)と厳しい
・能力値、スキルともに振りなおし不能で、やっちまった場合の取り返しがつかない
 ※スキルは影響少なめ、能力値も大体なんとかなるが難易度は高騰する
・TPRG版であったマルチクラスの制限が無いのでマンチまっしぐら構成も余裕

■レイド面ROで例えると
・MVPBOSS倒すのに10人PTで挑めばほぼ確実に成功する
・MVPBOSSに辿りつくまでの道中はIAで駆け抜け
・尚、MVPBOSS倒すにはPTの装備は+4精錬品程度でも、ALL+8バルキリーセットでもさして難易度に差は無い
・ただし、そこらの兄貴村にはダークイリュージョンとか梟クラスの雑魚もわらわらいるw

■戦闘面ROで例えると
雑魚敵のHP:800~4000くらい(BOSSは10~15倍)
雑魚敵の必中HIT:30~50(BOSSは+5~10程度)
雑魚敵を95%回避:AC(FLEE)65~80
雑魚敵のHIT:40~70(BOSSは+10程度)
雑魚敵のATK:30~クリで150
雑魚敵のMATK:50~クリで300(BOSSはクリで600超える)

適当前衛のHP:250~380
適当前衛のHIT:34ちょい
適当前衛のAC(FLEE):40~50
適当前衛のATK:30~クリで120程度

適当魔法使いのHP:150~200程度
適当魔法使いのAC(FLEE):13~24程度
適当魔法使いのMATK:200~1200程度



金だけは継続して払ってるし、頑張ってINせにゃね・・・

エベロン|λ...
[PR]

  by varelire2 | 2009-01-02 17:01 | NetGame | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE