雑音領域 CuriousNoise 裏方

varelire.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

[小説] 少女には向かない職業

この人の本は結構好き嫌いがあって全部読んでいる訳じゃないですが、直木賞受賞のおかげでやたら本屋に並べられるようになったなぁ。
ヤフオクで見ると色々出品されすぎ。
桜坂洋との同人誌10000円越え? 笑うしかない(読みたいけど)
【直木賞受賞作家】とか強調しすぎ。
俗物自重。


さて本題。

桜庭一樹・著
創元推理文庫


中学二年で二人殺した

という衝撃的な文が目を引いたので買ってみた。
内容については直接本屋で見てもらうかあらすじ的なものはそこら中で書かれていると思うので略。
プロットやらなにやらもあとがきで小難しい事を書く人の仕事なのでそちらにお任せ。


ゲーマー的視点で面白かったのは主人公「大西葵」が逃避型ゲーマーだと言う点。

まず序盤から出てくる「ドラゴンクロージャー」
アーケードのカード使用筐体で通信対戦も可能。
友人と一緒にかなりやりこんでいるらしく、大会に出るとか出ないとか言えるレベル。
狭い田舎町とは言え店員とも顔馴染み。
中学二年でこれは凄い。
ネタ元は勿論「ドラゴンクロニクル」
お金掛かるよな、これも。
バイトの金大半つぎ込んでいるんじゃないか、と。

次に家庭用ゲーム機ネタでちょっとだけ書かれているのがドラクエ。
あまりにもメジャーな為かこちらはそのままの名前で登場。
幾ら金が無いと言ってもLV99までやりこんでいるのは凄い。

また、一人で出かける際に持って行っている携帯機。
名前は出てませんが、なんとなくPSPに思える。
DSだとタッチペン落としそうだし。

最後は修学旅行のシーンに登場する土産物屋。
どうみても山海堂です。
しかも買ったがバトルアクス。
まともな中学二年女子とは思えませんw


荒んだ家庭環境から逃げ、学校では道化的ポジションを維持していく精神のよりどころとしてゲームに没頭する少女。
根っからのゲーマーではないが、自分の場所として侵されざる場所をゲームに求めている感じに見えました。

根っからの・・・ではないと言うのは以下の点から。
「ゲームをやるのに活字とはほぼ無縁」
 ネットで攻略情報を見るという環境も無く、情報の入手先もゲーセンかゲーム仲間のみという環境にいるなら、せめて元ネタチェックとして新紀元社系の本を読んだり、ファンタジー系小説を読んだりしてもおかしくない。
 でもそれがない。
 設定とかには興味が無く、逃げ場所として没頭できる媒体のゲームを必要としている。
 そう見えた。


作者自ら娯楽作品と言うGosickなどと大きく違う点は終わり方、かな。

何かと一般文芸とラノベを区別化したがる輩が多いですけど、この本も作風はいつもの桜庭一樹となんら変わらないじゃないですか。

個人の好みは仕方ないにせよ片方を貶めるような造語をむやみに振りかざすのは良くない。

※でもケータイ小説だけはダメだった。破綻しすぎ。

以下ネタ
[PR]
by varelire2 | 2008-02-03 14:33 | | Comments(0)

ネトゲの傍らにオフゲを積んでいく人の徒然ダメ日記


by varelire2
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29