<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

久々に三国志をやってみた 2

三国志X pk 253年シナリオやり直し。
前回は初手でしくじりまくったので序盤から国政に専念する方針で。
基本設定は前回と同じく

・新君主の勢力で開始(西平と武威しか空白都市無し)
・ゲーム中の編集禁止
・難易度は上級
・新武将登場以外は全て史実モード
・開始時は配下武将


これで中華統一目指すプレイ。

西平本拠地でスタート。
新君主以下武将16人という大所帯。
そのほとんどが血縁という結束の固さ。
新武将のお約束で性能が良いのを活かしてガンガン内政し、官位を上げる。
給料も全部政策につぎ込み階級upを最優先。
定石で武威を速攻占領。


次に蜀漢に手を出される前に天水を攻略。


西平で内政に勤しんでいると出陣命令。
本拠地からの遠征で安定に兵を進め、これを制圧。
太守に推されるが辞退!まだやる事があるのだ。


懸念事項だった、蜀漢対策。
序盤のうちに蜀漢に対して同盟工作提案続けてきたものが、遂に実現。

これで第一関門突破。

ここで、安定太守の命を受諾。

その直後、まさかの君主崩御。享年81歳。

長男設定の自武将が跡目を継ぎ、一気に采配の自由度が最大になる。

蜀漢との同盟を活かし、

自軍進路:青
蜀漢進路:赤

                    南皮
                     ↑
               ギョウ→→平原
         河内     ↑     ↓
          ↑      ↑     ↓
天水→安定→長安→洛陽→許昌→ボク陽






               宛→許昌→陳留
               ↑
              襄陽
               ↑
 武都→漢中→上傭→新野
              ↓
             江陵
              ↑
 シドウ→江州→永安


北部攻略戦から一幕
洛陽防衛戦

城壁からの火矢、風変と騎馬による伏兵を活用しまくり。
この時は魏軍初期兵力15万vs自軍7万ちょい。
ほとんど無傷で撃退成功。

進軍経路が被らないように上下2ルートで分断する形で曹魏を侵食。
洛陽~北海ラインがほぼ貫通した事により曹魏は青色吐息。
ひっそり生き残って漁夫の利を得た孫呉が大陸の南東部、蜀漢が南西部、自軍が北西から東までの中央部を持つ3強の図式に。


ここで蜀と呉に対して二虎強食を仕掛けるも、なかなか決定打が出ない。
呉と同盟を組み、南部は放置する事にして北部に残った曹魏を先に制圧する。


前回は早い段階で仲間になったトウガイとショウカイは未だ魏に健在。
もっともそれ以外は基本的に雑魚なので問題なし。
現魏帝は泣けるくらいの貧弱さだし(劉禅といい勝負)

 曹カン 景明
 統率:14 武力:13 知力:31 政治:40 魅力:64


晋陽、上党、蘇、北平、襄平を平らげ、南部に眼を向けてみると曹魏は残り4都市。


北海を制圧し、北部を全て自軍領土とした時点で魏と同盟。


しばらく内政に勤しむ。
全勢力と同盟状態なので北部は安泰。
南部は好きにやってくれ。


とか安穏と構えていたら調子に乗った劉禅君が発奮。

姜維頑張りすぎだろ。

ここでようやく二虎強食が功を奏し、南部に亀裂発生。


劉禅ショックで半年後に崩御


呉が若干少なめだったので蜀との同盟を破棄。

義理ははたした、劉禅!蜀よさらば!

長安から江州に向けて一気に制圧戦を展開。

武都、漢中を制圧したところで3代目蜀皇帝、劉璿崩御。
根性が足りん!

そのまま南下して巴蜀地方を併呑。


次なる目標を荊州に定め、軍を進めると思わぬ人物に逆撃を食らう事が。

竜の軍師参上。
あぁ、そういえばまだ生きてたなぁ。

※竜の軍師については講談社月刊マガジン連載中の龍狼伝参照

設定的にもろ劉備相性にしていたので当然蜀在籍な訳だ。

北荊州で取ったり取られたりしていると中原から姜維も発奮して

ボク陽、洛陽、河内と北部中核都市を次々と落とされる。
人置いてなかったしなぁ。

それでもじりじりと北荊州、中原の戦線を押し上げていくと

4代目蜀皇帝、劉諶も崩御。
どんどん短命になっていくのは心労の差か!?

中原を制圧したところで丞相に就任。


3年かけて残った蜀の領土を侵食。
ちなみにこの時、5代目蜀皇帝は姜維。

284年10月18日。
機は熟したと残る孫呉との同盟を破棄!
呉皇帝は未だ健在の孫一族、孫亮。

ここから1年半で一気に制圧戦を展開、286年3月未明
中国大陸を平定、同時に皇帝となり終幕。
33年の道則でした。

蜀漢最後の皇帝:夏候覇(劉禅→劉璿→劉諶→姜維→夏候覇)
曹魏最後の皇帝:曹カン
孫呉最後の皇帝:孫亮


ちなみに姜維老衰死までやったの初めて

最後の大攻勢詳細
[PR]

  by varelire2 | 2007-12-30 21:27 | OfflineGame | Comments(0)

久々に三国志をやってみた 1

PKシナリオ3 『253年2月 遺志継ぎて 孤将独り力戦す』

主要な武将があらかた死に絶えた三国末期。
魏では司馬一族が簒奪を狙って虎視眈々
呉は徐々にダメ皇帝化が進む中、陸が必死に支え
蜀は姜維が孤軍奮闘

能力80以下が雁首並べる時代に突出しているのは他に
トウガイ、ショウカイくらい。


今回挑戦するのはこのシナリオで新君主スタートで中国統一
条件は

・新君主の勢力で開始(西平と武威しか空白都市無し)
・ゲーム中の編集禁止
・難易度は上級
・新武将登場以外は全て史実モード


更に
・開始時は配下武将

開始直後の様子。



これでやってみた。
勢力的に魏vs蜀+呉でも魏に軍配が揚がる中、弱小勢力としては蜀・呉とは事を構えたくない。
しかし西涼から出るにはどうしても天水を通過しなければならず、そこは既に蜀の支配下。
序盤、自都市がそこそこ整った途端

 「天水を攻略するのでついてまいれ!」

天水はとったものの、おかげで蜀との関係悪化。
うちvs蜀vs魏で天水、安定、武都、漢中辺りを取ったり取られたりしている間に呉滅亡。

ぐだぐだの戦場を駆けるうちにいつしか太守→都督に昇進。

3都市しかなくても都督言われてもなー

以後、自軍団の支配都市遍歴

自分
安定→長安→漢中→シドウ→上傭→襄陽→新野

君主
西平→→→→→→→漢中→シドウ→→→→襄陽
          ↑
         ここらで蜀滅亡

1都市落とす間にcom君主の1都市が落とされる。
下手に全力内政していると2都市落とされる。
関攻略している余裕すらなく、長安から洛陽攻めは無理でした。

新野で内政中に君主崩御。
後継いで成り上がったものの、状況は最悪。

襄陽を太守任せにして新野本拠に粘るも人口問題から次第にジリ貧に。

だいたい、周りに敵対勢力が自分らしかいないので10~30日に1回は攻めて来る。
自都市まで攻め込まれると内政作業が中断されるので周囲に石陣作って事前にしのぐ生活が5年程続いてます。

戦闘には勝てるも戦闘回数が半端無い。

その戦闘も「雑魚ばっかだから楽勝だろ・・・」と思っていると自勢力以外の野良新武将がいたりしてウザい。
大概は190~210年頃活躍を想定して作ったので徐々に老衰するものの、既存武将より遥かに長生き。

平均年齢60後半軍団とかザラ。

戦闘勝利→勧誘→拒否→斬首

これで口減らししないと身が持たない。


現在268年。
自軍支配都市:新野、襄陽
魏軍支配都市:↑と晋陽以外全て

新野と襄陽があるおかげで船と井蘭が調達できるのが救い。

もうダメぽ。
人口がエライ事になってるのは掟破りの編集エディタ使っちゃったから。
この人口ならイケルけど勝負には負け。

More
[PR]

  by varelire2 | 2007-12-26 01:07 | OfflineGame | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE