<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

最近見たもの

寝る前とかにちょこちょこ見て、色々消化しましたよ。
消化というのはあまり好きじゃないけど。

クレイモア
ネットの知り合いと職場の人両方から勧められたジャンプ系原作のファンタジー。
全26話。
半人半妖の戦士、クレイモアとそれに関わる人々の話。
どちらかというとシリアスなダークファンタジーで、ジャンプ系なので戦闘シーンが多い。
「固有名詞をできるだけ避けている作り」との説があるように、

  でかい剣(クレイモア)を持っている → クレイモア
  見た目がそうだから → 銀眼の魔女
  クレイモアの所属組織 → 組織

この程度。
TV版は最後がやっつけ的終わり方で消化不足でしたが、原作は先日13巻が出てまだ続いているらしい。


Kiddy Grade
ナデシコの原画の人が監督した作品。
全26話
前からネット上でキャラ絵だけはちょこちょこ見かけてましたが、SFらしいので見てみた。
中盤から大きく話が転換しており、そこから先がどうにも微妙。
張りまくった伏線が回収しきれてない感。
遠隔電子制御の描写だけは良かった。


MADLAX
一時期流行った「ヤンマーニ」の元。
全26話。
当初は「女ガンマンネタは苦手」と敬遠していた一本。
トリニティブラッドを読んでいたので先入観がある為、絶対に見ないと決めている「ガンスリンガーガール」のあおりをくらっただけという気もしますが。

中東の万年戦争状態の国を舞台にしたマルチサイト的描写を使った秀作。
これはオススメ。


ターンAガンダム
今更見た髭。
全50話。
ハウス名作劇場的な雰囲気にメカが浸透して戦争物になっていく作りが面白い。
歴代主人公の中で最もまともだな、ロラン。
ソシエの声が飛びぬけて素人っぽく見えたのが難点か。


機神大戦ギガンティックフォーミュラ
12人のメカデザイナー夢の競演というネタ。
全26話。
一見、ガンダムファイト展開かと思いきや、一風変わった流れが面白かった。
主題歌がロボット物っぽい熱めの曲なのも良い。


REIDEEN
リメイク版「勇者ライディーン」
全26話。
原作の雰囲気はほとんど無し。
今時の高速戦闘を見慣れているともったり感にいらいらする人も多そう。
実際にあれだけの重量を地上で運用するとこんな感じかなぁ、というリアリティが感じられる人にオススメ。
いわゆる「萌え」が無いのはいいが「燃え」も少ないのが欠点。
せめて武器の名前は原作通りにして欲しかったかも。

  原作         リメイク
ゴーガンソード → ゴッドソード
ゴッドゴーガン → ゴッドアロー
ゴッドバード → ゴッドバード
ヘッドカッター → 名前無し
ゴッドゴーガン束ね射ち → ゴッドワンド+ゴッドアロー


ぼくらの
漫画原作の少年ロボット物。でも異端。
全24話+1
多元世界を題材にした生存競争に巻き込まれた少年少女の話。
とにかく人死にが多く、終盤までほんと救いが無い。
「だがそれがいい」人にオススメ。
OPはソラミミ具合がネットで評判になった「アンインストール」


パンプキンシザース
漫画原作の戦争物。
全26話。
第一次世界大戦級の戦後世界を舞台にした戦災復興部隊の話。
原作の3巻目くらいまでの内容かな。
出来は悪くないし、声も雰囲気にあっていた。
既刊は8冊。


ガンダム00
2話まで見た。
敵の機体とガンダムとのテクノロジー差が酷すぎる。
ガングリフォンとかフルメタの世界にガンダムを突っ込んだ感じ。
「ガンダム」というブランド名を前に出しすぎ。
OPもEDも趣味じゃない。
これなら髭のヒデキOPのがまだマシ。
ターゲット層の違いなんだろうけどどうにもね・・・。


レンタルマギカ
これも2話まで見た。
原作知っていると正直シンドイ。
1話目に原作短編集「魔法使いのクラスメイト」から引っ張ってきてるというのは事前情報で知ってましたが、それにしたって話はしょりすぎ。

■ダメな点
 ・黒羽が幽体なのにリアルすぎる。
 ・アディリシアとの関わりも原作1話を改悪再編して穂波の引きたてシナリオにしてるし、アディリシアが転校してくる理由も曖昧。
 ・ソロモンの魔神喚起の台詞が日本語のみ
 ・魔術行使のシーンはもっと力強く演じて欲しかった。
 ・イツキの声が福山潤
  いくら売れてるからってイツキにこのキャスティングはコードギアスを意識しすぎてないか?

■良い点
 ・OPはそこそこ
 ・箒SUGEEE
 ・ソロモンの魔神のデザインがメカニカル

スカイガールズ
模型の「メカ少女」から発展映像化された物らしい。
一見流行の萌え系で敬遠してましたが、中身はなかなか作りこまれていていい感じ。
OPも良い
更にKONAMIが関わっているせいか、次期主力戦闘機としてなんとビッグバイパーまで登場。
作中でレーザーとフォトントゥピドらしきミサイルまで確認。
主人公が乗る訳じゃないですが・・・。
ねーちゃん+メカ+軍だと以前見たタクティカルロアとも被りますが、こっちの方がミリタリー色強めかな。

その他コネタ
[PR]

  by varelire2 | 2007-10-31 19:22 | アニメ・映画 | Comments(1)

たこ焼き売ったりしましたがWizardryです

XTH1、隠しBossまで含めてクリア完了。
アイテムコンプリートは・・・気力なし。
ここまでやれば十分だろう。
総プレイ時間は300時間突破。

・・・まぁ、トロールコマンダー先生のアレとかやっていたので、実質放置の時間も含まれてます。


そしてXTH2
OPデモでなんだか喋ってきた

けど、中身は前作継承。
肉声もOPデモのみらしい。

舞台背景はXTHの1年後くらい?
前作のライバルNPC、静流の故郷、式部京学府がベースキャンプ。
ジャバ大森林とアリテト山脈から延びるロードが追加され、式部京とシャングリラ学府に繋がってます。
XTHの本編後半での「イカロスの火」による傷跡が随所にみられ、XTH以前にあった第二次イカロ戦役(XTHのは第三次)により半ば休校状態のシャングリラの実情など、XTHの世界観が更に肉付けされていい感じに。
ロード中継点での物品売買を利用した行商(ロード支配率で相場変動)や、宿泊施設の中継点設置、複数学府での独自イベント、独立倉庫なども。

本来、成長限界がほぼ無かったWizなのに99でカンストだった不満も転生と無限種という新たな要素でちょっとカバーされてますね。
このシステムも本編シナリオに絡んでいる模様。

前作からのキャラ転送もできますが、LVは3まで落ち、呪文もそれ相応のもののみに。
お金や装備は当然転送無し。
変わりに転生可能LVまで到達した状態で転送すると1度転生した扱いでステータスがちょっと有利に。

ただ問題は前作で育ちきったキャラを持ってくると当然「君主」「侍」「忍者」などの上級職ばかり。
呪文も全系統取得しているのが前提で構成したPTなので、本職以外の系統が使えなくなるとかなり苦しい。

結局
 ・育成用に斬りこみを覚える「侍」一人
 ・鑑定と呪文サポート、不死対策に「司祭」一人
 ・アイテム調達用に「錬金術師」一人

これを残してあとは基本職に転職、呪文習得からスタート。
運良く(?)転生状態の盗賊が一人いたので、当初のメインPTは

   侍 盗 錬 魔 超 司

    4人目:魔 → 超 → 君
    5人目:超 → 僧 → 侍

6人目が妖精で残りは人間。
5人目の侍がある程度育ったら一人目を呪文習得コース送りに
3人目の錬金術師が育ったら司祭を超術習得コース送りに
頃合見て盗賊も呪文習得に

こんな予定。

サブPTは前作散々悩んで組み上げたディアボロス入りPTですが、今回「装備すると相性無効」や「同一PTを続けると相性補正上昇」、「忍者等のAC向上スキルが着衣アリでも多少効果アリ」等、かなりマシになったのでそのまま活用。


   修 侍 女 超 錬 司

    4人目:超 → 僧 → 魔 → 超

    一人目:ディアボロス
    二人目:フェルパー
    三人目:フェアリー
    四人目:人間
    五人目:ノーム
    六人目:人間

    6人目だけ実は入れ替え。
    最終的には外して、くのいちの位置に神女が入って残り後ろにシフト。
    4人目のキャスターと5人目の錬金術師が育ってからの予定。


シナリオは相変わらず掲示板主体。
絡んでくるNPCも増え、主要キャラ以外もちゃんと「目鼻付き」になっているのが嬉しい。
セレスティアの番長とか飲兵衛のドワーフ保険医、何より「耳で髪の毛の形を模した平八もどきのフェルパー校長」とか濃いのがいっぱい。

 「学園祭で出す屋台のたこ焼きの具を持ってきてくれ!」 ← クエスト

 「ラブレター無くしてしまったので探して欲しい」 ← クエスト

 「番長グループへ授業に出るよう説得してくれ」 ← クエスト

こんなノリですが、中身はしっかりウィザードリィです。

WIZシャツ

その他ゲーム系コネタ
[PR]

  by varelire2 | 2007-10-23 13:16 | OfflineGame | Comments(2)

所詮こんなものかも

モバゲー小説優秀賞に盗作疑惑
痛いニュースから。
件のクロスチャンネルは分からないけどあらすじ見ると瓜二つ。
携帯小説のヒドサは色々聞こえてきますが、これは酷すぎ。
選考委員の大沢在昌とは誰か・・・と思ったら分かる作品が混じってた。
昔ラジオドラマで聞いた「アルバイト探偵」
これは面白かっただけに残念だ。

これからは小説や漫画の選考委員もゲーム(それもエロゲ)までチェックしないとやっていけないかもしれない。


※「女王陛下のアルバイト探偵」は家にありました。


大喜利
番外)朝日ソノラマとか意識してみた
主人公はなんの変哲もない男子高校生です(ただし彼女持ち)。
ある日、クラスにクールな美少女がやってきます。
転校生は「やりなおし」のちからを持っていて、そのちからで事故にあって即死してしまうはずだった主人公を救います。
しかし、主人公の彼女の方は死んでしまいます。
主人公は「やりなおし」のちからの謎を求めて転校生と様々な世界を渡り歩きます。



・・・ダメだツマンネ
[PR]

  by varelire2 | 2007-10-22 13:05 | | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE