<   2006年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

[小説]銀河英雄伝説

何を今更・・・と言われるこの小説を持ち出してきたのは日経BPオンライン版にて気になる記事を見たから。

人民日報も認める『銀英伝』。中国で「愛される理由」は


海賊版王国中国にもついに正規版で輸出されるようです。
「人は国家が無くても生きていけるが国家は人が無ければ成り立たない。だから国家の大事より一個人の自由や生命の方が大事」というような思想を持つ主人公が存在する作品が検閲されずにきちんと翻訳されるのかが、少々心配。
その主人公の名前がモロに中国系なのが理由の一つというのは分かりますけどね。

ただ、日経BPの記事で一部納得がいかないのが以下の部分。

「帝国」と「自由」という名称からもうかがえるように、最も人気が高い人物は、自由のために戦い、若くしてテロに倒れるヤン・ウェンリーである

ヤンの言う「自由」と国家としての「自由」惑星同盟は必ずしも一致していない事は本作を読んだ人なら分かるはず。
この「自由」の違いに翻弄されたのもヤンの人生を語る上で外せない部分だろう。
なのに言葉面だけを捉えて「帝国」と「自由」だから「自由」の方が人気が高い要因だなどと語る論調はどうかと。

「開明的な君主政治と最悪の民主政治ではどちらが国民にとって良い政治か」

作中でヤンは"難しい問題だが国民自らが政治家を選ぶことができるだけで民主政治の方がマシ"と言っていますが、結果として自由惑星同盟という「国家」はどうなったのか。
大事なのは「国家」ではなく、それを作り上げる民衆。

悪逆な国家の代名詞としてのイメージが強い「帝国」だが、本作の「銀河帝国」に関しては「ゴールデンバウム王朝」と「ローエングラム王朝」では大きく異なる事も忘れてはならない。
「同盟」側のストーリーを省いて本作の「帝国内での動き」だけに主眼を置けば、主人公ラインハルトと親友キルヒアイスをはじめとする仲間達が、腐敗した王朝を倒し、民衆の為の新しい国家を打ち立てるという内容になる。
実にヒロイックな内容ではないか!
背景設定と小物を弄れば時代劇やファンタジーRPGで良く見られる勧善懲悪系ストーリーとも言えるだろう。
「さっさと辞めて気楽な年金生活」とかのたまっているどこかの魔術師とはえらい違い。

こういった内容に触れず「帝国」と「自由」だから「自由」が人気とか書かれると納得がいかない。
仮に「自由銀河帝国」と「自由惑星同盟」という名前の国家だったら、日経BPの記者はどのように書くのだろうか。
「帝国」と「同盟」だから「同盟」が人気・・・とは、まさか書きはすまいが。


それじゃお前は誰が好きかと聞かれたら。
ルビンスk・・・






嘘です。ごめんなさい。
同盟側ならダスティ・アッテンボロー
帝国側ならウルリッヒ・ケスラー


あ、上司に持つならケスラー提督はちょっと勘弁願いたいかも。
帝国側で上司なら、やはりキルヒアイス、ミュラー、ミッターマイヤー辺りが無難かなぁと。
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-31 15:01 | | Comments(0)

Elveon

2004年から延々と開発が続いているアクションアドベンチャー。
視点は3人称(メタルギアやバイオハザード等と同じ)
10Tacleというドイツの新興パブリッシャーが開発しているが、開発本部はスロバキア。
リーダーのSlavo Hazucha(スラヴォ・ハズーハ)氏が世界観からエルフの言語まで作り上げたという渾身の作品。

ヒューマノイドがエルフしか存在しない世界で衰退していくエルフ社会の最後の英雄として成り上がって行く主人公。
王の友人であり、王を狙撃した犯人を追って旅が始まる。

出だしはこんな感じだそうで。

売りの一つがUnrealEngine3.0を使った美麗なCG
陽光や樹木の形など、一つ一つにこだわりが見える。

エルフの本場、欧州産のエルフ世界を堪能できるのは・・・
早くて2008年か
北米でのリリース予定が2007年後半との情報。

公式
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-30 00:24 | OfflineGame | Comments(0)

[PS2] カオスウォーズ 特典情報

参加作品のプロモーションやメイキング集などが付くお約束なものでした。
ショップ特典はテレカ。
ソフマップなど5店舗が対象。

それより気になったのは「販促情報」
店頭宣伝用のジャケットやポスター等が「ダウンロードしてご利用ください」になっている事。
確かに各店舗へ完成品送るよりは遥かに安上がりですが、この方式だと同じ系列店でも店によって扱い方が大分違うでしょうね。
ユーザ側にとっては本来入手困難な販促アイテムが容易に手に入るので嬉しいでしょうけど。

また、肝心のゲームシステムはどうやら

クエスト受託→戦闘→クエスト~

という流れの模様。
正直微妙(汗


公式
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-28 22:53 | OfflineGame | Comments(0)

YouTube RO動画ネタ

どっかで見たgifの集大成+α?

こっちはギャグ無し
ガンカタっぽいのが

EuroRO Chaos鯖オレTUEE PvP動画
PvPというかテロ4人組に見える。
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-27 12:54 | Netネタ | Comments(0)

オンラインゲームのススメ・・・?(ファミ通coの記事)

「PC所持、ネット環境有、しかしゲームはオフゲーで十分」

そんな人を対象にした記事にしてはよく書いてあると思います。
が、エクストリームサッカーを挙げるのはどうよ!?

色んなジャンルの多くのタイトルを挙げたいのは分かりますけど、散々酷評を浴びているアレを例としてあげるのはマズイと思うんですが。
評判・・・?

コンシューマユーザ向けに「パッドでもできる!」とPSUと無双BBを挙げてますが、パッドでできる=チャットがし辛い=無言ワールド化・・・は極論としても、信onではキーボードの有無がMMOとして楽しめるか否かに大きなウェイトを持っていた。

戦闘エリア、クエストエリアに入るとパッドで無言プレイになるなら、別にゲーセンで対戦ゲームやってるのと代わり映えしない。
今じゃ全国での対戦もできますしね。

1戦闘が20分程度の無双BBならそれもありかもしれませんが、無双BBのダメなところは「サービス提供に最適なYahoo!BB専用」の部分。
どのISPだって接続に来るユーザが自社回線のみだったら、提供コンテンツのレスポンスは良くなりますってのw
ISP間の接続部における経路障害も考えずに済みますし。
それともあれですか?
Yahoo!BB独自のネットワーク構成らしい「超大規模LAN」的な網構成がシステムと相性が良かったのかな?
それならCATV系でも似たような事できた気も。


元記事
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-27 00:07 | NetGame | Comments(0)

元小児暴行犯、自殺

「1995年に沖縄県で起きた米兵による小学生女児暴行事件で実刑判決を受けた3人のうちの一人」

結局日米地位協定を楯にされ身柄引渡しが行われなかったあの事件。
本国に戻った犯人は、なんと顔見知りの女子大生を殺害後、刃物で腕を切って自殺したとの事。

だからあの時引き渡しに応じていればよかったのに!

読売online
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-27 00:06 | 社会・生活 | Comments(0)

冥王星降格処分

新発見の天体を惑星として追加するか否かの論争の末、同規模天体である冥王星に降格処分が下されましたね。

全世界規模での教科書、文献の修正が発生する大パニックの中、ホルストの組曲「惑星」だけが太陽系全ての惑星を網羅する事になるという瓢箪から駒もあったり。

数十年後にはこんな会話もあるのかねぇ。

「昔は冥王星ってのもあったんだよ」
「何それ?しらなーい」

銀河鉄道999の冥王星ステーションの話も物悲しさが増しそうですね。
あぁ、ヤマトもか。
反射衛星砲よ、永遠なれ。
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-26 14:17 | 社会・生活 | Comments(0)

ガンプラEXPO

以前にあったガンダム展と同じ様にアート的展示と物販販売がメインのイベント。
会場限定モデルもあり。
行って見たい気もしますが、日程的にも無理ー。

バンダイ公式
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-26 00:09 | 社会・生活 | Comments(0)

[XBOX] Gundam Operation Troy

XBOX(ペケ箱)のガンゲーはちょっと違う切り口で来た。

一年戦争を舞台にした歩兵戦闘物

UCGOで人とMSの対比を見てニヤニヤしたく思った時期もありましたが、諸々の要因で手をつけるのは断念。
「出来が・・・」とか「しゃがめない!?」とか「白兵武器は飾り!?」とか。。
ようやく宇宙にも行けるようですね

主要販売国を考えるとFPS的雰囲気があるコレは結構いけそうな予感。
でもこれの為にXBOX買おうという日本人はどれだけいるのやら。

メロウリンクになりたい人にはお薦めしてみたい。

ファミ通記事
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-25 21:55 | OfflineGame | Comments(0)

ムック・・・がんばれよ

長年着ぐるみキャラとして愛されてきているガチャピンとムック。
そのガチャピンが書いているという設定のブログ。

最後の一言がヒドイw

まぁ、昔は「ムックだけWizに登場したり」とかもしましたが。

ガチャピンブログ
[PR]

  by varelire2 | 2006-08-25 10:45 | Netネタ | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE