雑音領域 CuriousNoise 裏方

varelire.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

NavyField NEO

第二次世界大戦直前を舞台とした海戦ゲーム。
大艦巨砲主義の絶頂期というシチュエーションの元、自分だけの艦をカスタマイズして大海原を暴れまわるというシロモノ。

PSなどの1500円ゲームを中心に発売していたサクセス開発のネットゲームですが、MMOという訳では無い様子。

ただ、装甲やら大砲やらかなり細かく弄れる上に戦果でどんどん艦を改装できるのは楽しそう。
「いかに早く敵の航空機を見つけて対処するか」という近現代の海戦ではなく、船そのものの性能と運用が勝敗を決めた海上の騎兵戦的な舞台にそそられます。

「両舷全速!主砲斉射三連!!」
『取り舵ぃ!回避だ回避っ!』


とか音声チャットで叫びながらやると盛り上がる・・・かも?

公式
[PR]
by varelire2 | 2006-06-28 13:12 | NetGame | Comments(0)

[PS2] カオスウォーズ

ATLUS/キャリーソフト、ARUZE、RED Entertainment、SEGA、Media Works、Design Factory、Idea FactoryのコラボレーションによるSRPG

参加作品を見ると
・シャドウハーツ(ヨアヒム、アリス、ウル)
・ガングレイヴ(グレイヴ、ミカ)
・新撰組群狼伝(沖田)
・グローランサー(カーマイン、ティピ、メルヴィナ)
・スペクトラルフォース(ヒロ)
・スペクトラルソウルズ(ミュウ)
・破滅のマルス(タケル)

ここまでが現在分かっている情報(他に本作オリジナルも登場)
スパロボとかナムコXカプコンとかとコンセプトは同じですな。
システム等はまだ未公開
大小様々な島で構成される世界が舞台なので、SLGの1ステージが島1つに該当とかなりそう。

ぶっちゃけカーマインとティピしか分かるのいませんが、それだけで買いますわ(多分)

グローランサーと言えば・・・ルイセのアレ、まだ未開封だったな(またか)

発売予定日:9/21
公式
[PR]
by varelire2 | 2006-06-28 02:14 | OfflineGame | Comments(1)

[映画]タイムマシン

先日寄ったブックオフにて購入したDVD
タイムラインとどっち買うか迷ったあげく選択したのですが・・・微妙に失敗した気がする

原作はH・G・ウェルズ。
時間SFの原点ともいうべきこの作品を監督したのは息子のサイモン・ウェルズ。
感想は・・・がっくり。
なんでもパニック映画化させてしまう傾向があるアメリカ映画の悪い癖が良く分かるダメさ具合でした。


以下ストーリー抜粋


舞台は1899年ニューヨーク
研究馬鹿の冴えない大学教授アレクサンダー・ハーデゲン(アレックス)はありったけの勇気を振り絞って告白した恋人エマを不慮の事故で失ってしまう。
死を受け入れられないアレックスは研究室に引き篭もり、独自の理論を元に蒸気で動くタイムマシンを作り上げる。

More
[PR]
by varelire2 | 2006-06-27 12:43 | Comments(0)

[PS2] Wizardry Xth Academy of Frontier

WIZヤバイ。
最近家帰るとこればっかやってます。

おかげでプレイ時間は既に60時間突破。
撃破総数10500匹
MAP制覇率22%
死亡回数20回(全滅はまだ無し)
宝箱開封数930個

こんな戦歴ですが最も成長しているので「侍13LV」という有様。

【以下長文注意】

More
[PR]
by varelire2 | 2006-06-26 22:07 | OfflineGame | Comments(0)

「今のライトノベル界をどうにかしてくれ」に関して一言

かなり昔から色々な小説を読んできましたが「ライトノベル」という言葉が出てきたのは何時頃だろう。

主に若者向け文庫本がライトノベルに分類されるのでしょうけど、自分の周りで考えると書店に並ぶ文庫本の出版社の変化に関係している気もします。

角川文庫→角川スニーカー文庫
ハヤカワ文庫→ハヤカワHi
富士見ファンタジアの登場
コンプティーク編集部問題から電撃の誕生

ざっくり言えばこんな流れの果てに、「電撃組囲い込み」問題や「ライトノベルの乱冊」問題が出てきているのが事実。
webを巡っていると最近めっきり姿を見なくなった「朝日ソノラマ文庫」までライトノベルに分類されているのががっかり。

そもそも「ライトノベル」とは何か?
普通の小説では「伝奇」「SF」「ファンタジー」「ミステリ」など様々なジャンル分けがされるが「ライトノベル」にはそれがない。
何でも一くくりに「ライトノベル」と呼ばれてしまう。
おかげで今刊行される文庫はほぼ全て「ライトノベル」扱い。
更に1冊でもライトノベル扱いの本を出した作家は、以後何を書いてもラノベ作家と呼ばれる始末。


ライトノベルの条件は何か?

「文章が稚拙」
「劣化コピーの氾濫」
「イラスト頼み」
「大量生産」

色々言われてますね。
なら、日本の小説界である意味大御所と言える赤○○郎や○村○太○はどうなのか?
刊行ペースはかなり速い方だし、似たようなネタも少なくない。
文章の巧緻に関してはどこまで求めるかによるが、絶妙巧妙と絶賛できる出来では無いかもしれない。

仮にこの二人の作品に今風のイラストとキャッチーな帯をつけて文庫化、電撃辺りで出したらどうなるか?(勿論作者名は変えて)
案外他の「ライトノベル」と一緒に埋もれてしまうのでは?

逆に「ライトノベル」として分類されている本を新書化、劇画調のイラストを付けてみたらどうだろう。
中には違和感無く収まってしまう物も出るのではないか?

# こんな事書くと文句言われそうですがね

自分の中でライトノベルとして扱われても仕方が無いような作品の特徴として考えるのは

「話の大半が細切れの会話で続く」
「登場人物の精神年齢が押しなべて低い」
「登場人物の精神構造が単純すぎ」
「演出が派手すぎ、或いは身体能力がさして理由も無いのに異常」
「劣化コピー」

こんなところでしょうか
「細切れの会話」としたのは、海外小説などでは「会話のみ」で進むものも少なくなく、場合によっては数ページにも渡って演説する事もあるから。
「登場人物」と「演出」に関しては「それなんてエロゲ?」的ご都合主義の性格付けとメディアミックスを狙いすぎた表現が目に付く。
「劣化コピー」についてはそのままの意味。
誰かが書いたネタをちょっと弄くって別作品として仕立て上げる。
これは何も小説に限らず、映画、ゲーム、家電、何でも言える事なので、これだけ取ってライトノベルの条件にはなりませんが、他の4つと組み合う事でライトノベル化に拍車が掛かる。
長い目で見れば全ての物事は模倣から始まるのだし、ましてや物真似文化の日本人が行うのは極めて自然。
重要なのは「劣化」しない事。
真似上等、ただし昇華せよ。


まとまらないまま戯言ここまで。

「今のライトノベル界をどうにかしてくれ」と言う前に読者ができるたった一つの冴えたやり方
[PR]
by varelire2 | 2006-06-26 22:05 | | Comments(0)

くじアン TV化

映像内映像の独立作品化は久々。
秋から放映開始だそうです。
メディアファクトリー アニメサマーフェスタ2006にてキャストが発表された模様。

榎本千尋:瀧本富士子
律子・キューベル・ケッテンクラート:小清水亜美
秋山時乃:野中藍

他に
西原久美子、ゆかな、こじまかずこ、高木礼子、中尾衣里、倉田雅世、後藤邑子

公式の絵を見る限り、千尋が随分違う顔してますが・・・

公式
[PR]
by varelire2 | 2006-06-26 14:11 | アニメ・映画 | Comments(0)

GameCity100万人キャンペーン

大航海時代にのめりこんでいた頃、「せっかく(ほぼ)現実の世界を舞台にしているんだから、もっと色々な会社や組織とコラボればいいのに」とゲーム内外で言われておりましたが、今回のキャンペーンで「『大航海時代 Online』の舞台を歩く ~スペインを丸ごと感じる8日間の旅」が!
1組2名様へプレゼント、との事ですが。

大航海時代や信onはユーザー年齢層の高めだし、企画さえ上手くできれば有料でも参加者いると思うんですけどねー。

キャンペーン公式

これに外れてもXBOX360+やDS Liteなどが当たるダブルチャンスもあり。
[PR]
by varelire2 | 2006-06-26 13:21 | Netネタ | Comments(0)

女神幻想ダイナスティア

正式運用3周年記念企画

以前書いた「まったりのんびり系」MMOのダイナスティアでもキャンペーン実施。

覗いて見たいなぁと思いつつも落としていない物の一つです。
[PR]
by varelire2 | 2006-06-26 13:20 | NetGame | Comments(0)

[DDO] クローズβ6/26開始!

まぁ、自分は落ちた訳ですがね。
限定3000名の枠に応募総数40000名というから、そりゃ無理ですわ。
公式1000名枠、4Gamer800名枠、Login500名枠に一つずつ別のメールアカウントで応募という正攻法だったので、これだけ応募が多いと落ちますねぇ。
せめて3箇所に絨毯爆撃のごとく10通ずつ送る勢いだったら通ったかもしれませんなorz
期待の本作、どんな出来栄えで姿を現すのか楽しみに待つ事にします。
[PR]
by varelire2 | 2006-06-26 13:20 | NetGame | Comments(0)

ハロ電卓

6月第4週からゲーセンのプライズ物として登場予定。

こんなの

恐らくクレーン物がいっぱい置いてあるゲーセンなら目に付きそう。
8人対戦の新作ガンダムゲーよりは手軽に手を出せそうなので見かけたらやってみるかな。
[PR]
by varelire2 | 2006-06-26 13:19 | 社会・生活 | Comments(0)

ネトゲの傍らにオフゲを積んでいく人の徒然ダメ日記


by varelire2
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30