雑音領域 CuriousNoise 裏方

varelire.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

[小説]レンタルマギカ

三田誠 著の現代オカルト物。

現代を舞台とした魔法使いの話はよくあるネタですが、今作での「魔法」は人が個人で安易に用いる「技」ではなく、綿密なる計算(場所、思念、触媒等)により、地に、或いは人に起こす「現象」として表現している点が特徴的。

様々な系統の魔法使い達が世界の裏側でそれぞれ結社として、己の魔術系統を高め、かつそれによる犯罪、現象に対する対応組織として活動する背景世界。

亡き父の後を継ぎ、唐突にそんな魔術結社の首領となった少年、「庭場いつき」
魔術結社の中でも多種多様な系統の魔術師を正式に、または契約社員として抱える稀有な存在アストラル。
稀有だが弱小の会社を維持するべく、彼らの奮闘の日々が毎巻描かれる・・・訳でもないか。

アストラルが何故稀有な存在なのか、また組織に疎まれる過去の事情
関連人物が内に潜める心の闇
大手魔術結社ゲーティアとの確執


扱われる魔術の系統は流石に多く
日本神道、陰陽術、ケルト魔術、ソロモン王の魔神、錬金術、竜脈、ヒンズー教等々
各々特徴的な「発動方法」「発動形態」と代償が描かれていますが、安易にポンポン火の玉が飛び交う世界に慣れたファンタジーな頭だと聊かまだるっこしいと思う人もいるかも。


著者の三田氏はグループSNEの一人で、妖魔夜行等にもちょこちょこ書いております。
派手なアクションより、ギミックを上手く用いた作風の人・・・かな。
グループSNEだけあって、話の一つ一つがTRPGのセッションとしても活用できそうな、いい感じの仕上がりになってます。

個人的には、ゲーティア首領のアディリシアがお気に入り。

「出でよフォルネウス!三十の軍団を支配する偉大なる侯爵!」

とかかっこよすぎ。
(尚、軍団の数と爵位は一致しているか自信ナス)
[PR]
by varelire2 | 2006-02-10 02:17 | | Comments(0)

[小説]とある魔術の禁書目録8

シリーズ8作目。
今回の主人公は何故か白井黒子。
これまでの読者にも「誰ソレ?」とか言われそうですが、電磁投射砲のミコトを慕う同室のテレポーター。
度々登場し、それなりに活躍している、ある意味上条のライバル?
ゴーレム戦では人命救助に大活躍でした。

上条はあくまでオマケ。
<レベル6シフト>事件で粉砕された学園都市の頭脳、ツリーダイヤグラムを巡る学園内外の陰謀に巻き込まれた白井黒子が、自分と同じ「転移能力者」と死闘を繰り広げます。

どうもミコトは例の事件(6巻辺りかな?)からかなり上条に傾いているようで、八つ当たり気味な黒子の暴れっぷりは見物です。


また、主人公がこれまでより低ランクになった為か、後半登場するレギュラー陣(上条、ミコト、アクセラレーター)のトンデモぶりはある意味爽快。
ミコトネットワークを経由して、間接的に上条とアクセラレーターが係わりを持っているのも、今後の展開に絡みそう。

巻末にはラフ絵集が付いていますが、炎の魔術師マグナス君が14歳とか!
それって初期設定ですよね!?
タバコ吸ってるしあれで14歳は幾ら外国人でも反則っしょ!
[PR]
by varelire2 | 2006-02-08 00:04 | | Comments(0)

ネトゲの傍らにオフゲを積んでいく人の徒然ダメ日記


by varelire2
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28