[DDO] なかなかDDOする気力が沸かない話

LVが上がるほど1回のプレイに掛かる時間がどんどん増えて、更に繰り返し要求されるってのが一番痛い。
「今日はここまで!」と途中で止めて後日続きをやるのも基本的に無理。
何よりソロのメリットが薄すぎ難易度高すぎでマイペースに遊びづらい。

お手軽にソロでもサクサクできるROやHISと比べるとモチベーションがなぁ・・・
オープンβからやってきたまったり視点で比較してみた

■クエスト面
・ギミックや話など面白いものは多い
・同じクエを何度も繰り返しクリアする事で得られるメリットがある
・一度でもクリアしたクエストは仕掛けが分かっている為、駆け抜けてさっさと終わらせたい人が多い
・クエストはPT組まないとキツイだけで見入りは少なく(一部特化キャラ除く)、基本的にPT必須
自分のペースで遊ぼうとすると駆け抜けじゃないPTを組むのが非常に困難
・新しく実装されたクエをバレ無しで楽にPTで挑める賞味は、概ね実装後1週間
・レイドに挑む為には「キャラ毎に」「特定クエを周回して」「特定アイテムを規定数集める」必要がある
・特定能力値を要求する仕掛けの要求数値を猿並に低下(旧18→現11とか)

■アイテム面
・LV10時点で既に破格の性能を持ったアイテムがごろごろ
・LV16(現CAP)時の専門クラスの極振りでスキル+20、誰でも装備できるスキルアイテムでの補正が+16
・EPIC級のトンデモ装備もごろごろ
特定クエを周回してアイテムを集める事でチート級アイテムが入手可能

■戦闘面
・トンデモアイテム実装もあって、ありえないボーナスHPを持つ雑魚満載
特定能力や特定クラスを求めないクエ作りといい仕掛け等の要求数値は緩和しつつも、ほぼ全てのクエで必須となる戦闘があり、それに対する要求能力はさっぱり緩和されていない
・戦闘頻度が半端じゃない
・LV相応の雑魚敵数体>適当に作ったキャラの戦闘力

■成長面
・LV上げは比較的容易
・ただし、クエ主体なのでクエに参加できない(えり好みする)と厳しい
・能力値、スキルともに振りなおし不能で、やっちまった場合の取り返しがつかない
 ※スキルは影響少なめ、能力値も大体なんとかなるが難易度は高騰する
・TPRG版であったマルチクラスの制限が無いのでマンチまっしぐら構成も余裕

■レイド面ROで例えると
・MVPBOSS倒すのに10人PTで挑めばほぼ確実に成功する
・MVPBOSSに辿りつくまでの道中はIAで駆け抜け
・尚、MVPBOSS倒すにはPTの装備は+4精錬品程度でも、ALL+8バルキリーセットでもさして難易度に差は無い
・ただし、そこらの兄貴村にはダークイリュージョンとか梟クラスの雑魚もわらわらいるw

■戦闘面ROで例えると
雑魚敵のHP:800~4000くらい(BOSSは10~15倍)
雑魚敵の必中HIT:30~50(BOSSは+5~10程度)
雑魚敵を95%回避:AC(FLEE)65~80
雑魚敵のHIT:40~70(BOSSは+10程度)
雑魚敵のATK:30~クリで150
雑魚敵のMATK:50~クリで300(BOSSはクリで600超える)

適当前衛のHP:250~380
適当前衛のHIT:34ちょい
適当前衛のAC(FLEE):40~50
適当前衛のATK:30~クリで120程度

適当魔法使いのHP:150~200程度
適当魔法使いのAC(FLEE):13~24程度
適当魔法使いのMATK:200~1200程度



金だけは継続して払ってるし、頑張ってINせにゃね・・・

エベロン|λ...
[PR]

  by varelire2 | 2009-01-02 17:01 | NetGame | Comments(0)

<< 仙台初売り [小説] 女子高生=山本五十六 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE