[HIS] Hero in the sky やってみた

職場の右寄りな方が枢軸側でやっており、誘われて手を出してみた。
比較的低スペックマシンでも動き、パッドも使える。
ある一定のレベルまで上がると、以後パイロットの気力ゲージが作戦の度に消費され長時間プレイができない仕様。
気力は時間(8時間程度?)と課金アイテムで回復可能。

プレイヤーは最初にサーバと所属陣営を選択。
 枢軸側:日本、ドイツ、イタリア
 連合側:イギリス、アメリカ、ソビエト

1鯖1キャラで選んだ陣営の変更はできない。
国ではなく陣営所属の傭兵として、司令部や酒場でミッションを請負、各戦場で航空機を飛ばすという設定。
ミッションは基本的に空域に属しており、「建造物を20破壊/冬将軍(モスクワ)」とか。
空域に属さない「敵機を50機撃墜」「スピットファイアを5機撃墜」とかもあり。
一度に5つまでミッションを請け負っておく事が可能で、達成したミッションは請け負った場所で報告し、報酬を貰い、また新たなミッションを受けていく流れ。
受けられるミッションはパイロットLVやクリアしたミッションにより条件付けされている。

自機は所属陣営3カ国1系統ずつの「戦闘機」、1系統の「爆撃機」、1系統の「管制機」、計5系統所持する事ができる。
例:日本の零戦系、ドイツのフォッケウルフ系、イタリアのフォルゴレ系、スツーカ系爆撃機、月光系管制機の5系統所持

系統は開発ツリーを開拓していく感じで、目的機の途中にある機体は「いらなくても作る必要有」
開発にはパイロットLVと開発ポイント、開発費(何れもミッションで獲得)が必要。

開発した機体は自由に乗換えが可能で、それぞれ機体改造や装備の換装も可能。
換装装備の改造もできる。

ミッションはソロでも編隊(PT)でもでき、編隊時は味方が撃墜した数もミッション評価としてカウントされる模様。
対戦空域(陣営に分かれての空戦)や対決モード(PvP)もあり。

実際にミッション等で空戦する際の流れは
1.戦域選択(戦域ごとに複数空域あり)
2.部屋作成or空いている部屋へ入室(部屋はpass設定可能)
3.空域選択
4.出撃
5.帰還 → 3へ戻る


PS2パッドでやってみたんですが、エースコンバット等のジェット機と違い非力なレシプロ機だからかロール時の挙動がゆったり気味。
アナログの反応感度が良過ぎて挙動不安定になりがち。
また、減速やバレルロール、スプリットS等はスキル扱いになっており、特定条件を満たさないと使用不能。
獲得したスキルは戦闘兵装のようにスロットへセットする事で使えるようになる。
セット後も自由に使えるわけではなく、スキル使用ボタンを押して発動、クールダウンタイム有。

ちょろっと気分転換に空飛んでみようか?
こんな程度の感覚でも十分楽しめそう。

生粋のミリオタ、戦闘機オタ以外でも最近ならコレもあったし、意外と人集まるかも?

H.I.S wiki
[PR]

  by varelire2 | 2008-12-21 14:00 | NetGame | Comments(0)

<< [HIS] Hero in t... [RO] ラヘルクエ その3 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE