WizardryにHALITOが戻る日も近い?

コンピュータRPGの金字塔Wizardry
日本では第一線を退いてからかなりの年月が過ぎますが、CSD以降もその血筋は受け継がれ亜流作品は次々と生まれました。

クリーピングコインやらボーパルバニー、マーフィーズゴーストという特徴的なモンスターは登場すれどもHALITO、DIALMAなどの呪文は「著作権」という制限があり、亜流作では使用できなかったのが残念。

ところが最近、Wizardryの版権を持っていたカナダの会社から日本の会社がそれを買い取ったというニュースが!
買い取ったのはWizardy8(日本未発売)等を含む一連のWiz版権のようです。

もしかするとこれを機に伝統的な呪文体系を含んだ新たなWizardryが見られる日が来るかも?
買い取ったのは株式会社アエリア。

データセンターからの顧客情報流出で話題になった会社ですね、はい。
ちょっと不安かなぁ。

アスキーニュース
[PR]

  by varelire2 | 2006-12-05 10:59 | OfflineGame | Comments(0)

<< 目に付いたニュースやら小ネタ [DDO] パッドのキー配置 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE