新絶代雙驕Online

台湾の台湾UserJoy Technologies製MMORPG
2Dの立ち絵や一枚絵を多数使っているのが印象的。
ゲーム自体は擬似?3D
若干デフォルメされたキャラはリネやFFなどよりパンヤ、seel online辺りに近い感じ。

こういう感じの絵を描く人いたなぁ
個人的には嫌いじゃない画風。

ただね、「オフゲーで作ってくれ!」とも言いたい。
MMOの利点は運営側からすると長期に渡って収益が得られ、アップデートという名のバグフィクスをしたりもできるし、ストーリー的な物は一切作らなくてもゲームとして成り立つ。
プレイヤーの自己顕示欲に訴えるような成長と着飾る素材、コミュニケーションツールとしての機能さえあれば、なんとかいける。
何よりメディアを不正コピーされる事による利益阻害が無い
BOTやRMTですらサーバという母体と接続するプレイヤー(含むBOT使いRMT使い)があってこそ。
不正コピー、著作権侵害の無法地帯アジアにおいて企業がソフトウェアで利益を得るには有効な形態なのは確か。
最も最近ではネットワークの進歩により無法地帯は全地球規模に広がりつつありますけど。


公式
トップページの「直接進入」で吹いた。
[PR]

  by varelire2 | 2006-11-13 00:02 | NetGame | Comments(0)

<< PS3上での動作で問題を生じる... PS3発売前夜と当日 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE