雑音領域 CuriousNoise 裏方

varelire.exblog.jp ブログトップ

[小説] 86 エイティシックス

第23回電撃文庫大賞受賞作
 安里あさと・著
 シラピ・絵
 I-IV・メカデザ

近未来を舞台にしたSF戦争物


共和国に隣接する軍事、技術大国の帝国が全方位宣戦布告して大荒れの世界大戦勃発。
帝国技術の粋を尽くした無人兵器「レギオン」により周辺各国軍は成すすべもなく蹂躙される。
共和国も対抗として無人兵器を開発、投入して戦線は膠着状態になった・・・

その実、共和国は技術力が足りず、無人兵器の完成には至っておらず、人権を剥奪された「人ではないモノ」を乗せることにより実質的に「無人兵器」であるということにしていたという設定。



まぁ、いい感じになりそうな気配の「設定」だったので購入。

しかし、読み進めるうちにどうにも違和感が半端なく、読み終わる前についつい突っ込みを書きたくなった。



共和国は古くからの白人至上主義国で、有色人種の存在する帝国と対峙するにあたって序盤で有色人種を国土外縁の収容地区(86区)へ隔離。
初戦で正規軍壊滅、それに伴い有色人種の人権を剥奪、優良種たる白人に対する防壁として戦線に強制投入。
無人機甲に対して携行対戦車兵器ロケットと爆薬による猟兵、肉壁として遅滞戦術の捨て駒にする。

これが10年前

その間、どうにかでっち上げた偽無人兵器「ジャガーノート」
このパイロットとして生き残った86区の人員を徴発、戦線に投入する。

これが7年前

86区からは毎年10万人が徴発され、残るのは1000人程度という生存率1%の戦場
7年で70万以上徴発!?

どうなってんのよw

これだけされるがままになっている、できているのはおかしいだろ?
徴発されたパーツという名の兵士にしたって、歩兵としてじゃなく、仮にもハイテク兵器の操縦、整備をやらされる訳で、その教育、習熟の時間と手間は?
誰が教育してんの?本国の人?
更に生存率1%で兵器の補充は?
その生産設備は本国にあるとしても材料は?



86区からの徴発部隊の後方、本国との間には対人・対戦車地雷原と自律式迎撃砲陣地、要塞防壁群が帝国の、そして兵器を与えられた徴発部隊に対する壁として存在する。


これ、誰が作ったのよ?
86区の人?
正規軍初戦で壊滅してるのに、随分悠長な監視強制作業ができたもんだ。


また、航空機の類が今のところ出てこないんですが、これは設定にある

「帝国による広域ジャミングで他国の様子が一切不明」
「自分達以外生き残っているのかどうかも分からない」


これに関係してるんですかね?


上でも書いたけどそんな状態で他国から資源調達もできないってことは、膨大な生産素材は全て自国で調達してんの?
人権剥奪した連中は全て死地に追いやっているってことは、採掘やらなにやらも全部本国人がやってるんですよね?
再生産するにしても限度があるんじゃ?
電力どうしてんの?核?


一方の帝国さんの無人兵器は生産、修理、補充から進軍、戦闘まで全て自動化されている設定
これが祟ったのか帝国側も密かに壊滅している、らしい
無人兵器の制御失敗か何からしい。


これが分かったのが4年位前


工場による自動生産は続いていても安全装置として規定年数アップデートされないと動作が停止する仕組みが施されているらしく、徐々に帝国無人兵器の稼働数は減少
今の想定だとあと2年程でほぼ全て停止する、らしい。


そんな訳で共和国の白人様は戦争など完全に他人事、「白人であらずば人にあらず」は完全にしみついている状態。



86区の徴発部隊は「5年従軍すれば市民権を取り戻せる」という約束で従っているようだが、生存率1%じゃワンチャン狙うにしてもベットが高すぎるので、ほぼあきらめ状態。




で、主人公の部隊、スピアーヘッド。
劣悪な戦場で生き残り続けた優秀な者のみで編成された即応部隊だそうである。
戦歴4、5年の猛者ばかりというからそりゃ凄い


が、しかし、しかしである

隊長含め全て10代
主人公たる隊長に至っては今年16になると明記されている

つまり4年生き残っているとして12歳から共和国製のへっぽこなんちゃって無人機で頑張ってることになる


86区、そこまで人いなくなったのか?
最初の5年で成人ほぼ壊滅なのか?


と思ったら、部隊付きの整備長は第一期徴発の生き残りで50代


第一期、つまり猟兵時代経験者で当時40代ってことになる

今10代とこのおっさんの間はどうなった?

優秀なやつ皆無、もしくは全滅なの?


おっさんがロケランぶっぱして駆け回ってた時、主人公6歳よ?



それでも主人公だけ特別異常とかなら、多少は妥協できなくもない
いわゆるロボアニメ主人公補正的な何かで


ただそれも、乗り込む機体が優秀ならの話


いくらアムロでも剣何某でも機体性能まで互角以下では無理がありすぎる

共和国主砲 56mm滑空砲 V号戦車(パンター)とか
帝国主砲 120mm滑空砲 メルカバmk3とか90式とかで採用


まずこれ、主砲からして負けてる
その上装甲もボールとガンダム(言い過ぎ。ゴッグくらいか)レベルで違う

機動力は帝国主力(120mm持ってるやつ)よりは上だが、斥候タイプとは互角程度
別に飛んだり跳ねたりもできない、ガッチョンガッチョン四脚歩行


ビームとかも無し
格闘兵装も重機関銃
当然相手も持ってる上、帝国中型は近接用ブレードまで完備


そして数は10倍レベルで敵が多い



自キャラモブ武将、いや拠点兵長で無双やれというようなもん

ステの成長も無し!プレイヤースキルのみ!


いや、無理ゲー設定にしすぎじゃね?


設定はなんとか騙されたとしても、主人公部隊の年齢設定でもうダメポ



あれ、これなんか似たようなダメ臭前にもあったなー


と思ったらあれだ


カマチーのヘビィオブジェクト


あれもこれも読者に配慮したのか年齢設定とか時間、数、兵站の部分で崩壊した残念SFラノベだ


なんだろうな

担当編集が「読者考えてくださいよ!もっと若くしないと共感得られませんよ?」とか言ってるんだろうか

背景設定の甘さはともかく、どうにもそんな気がしてならない


これがファンタジーやらもっと遠い星の未来の話なら、人員枯渇で急速育成された新人がどんどん投入されている世界(ガルフォースとか)として分からなくも無い

同じようなことを1惑星の1地域でしかも大して発達していないテクノロジーレベルでやるからボロが出る。


SFモノは作者がそれっぽい技術、設定を作り、如何に説得力も持たせて読者を騙しこむかという部分が過分にある訳で、「不思議なことは魔法」「神の力」でごまかせるファンタジーモノに比べて少なからず科学ベースになっている分、難しい。


それに失敗すると、こうなる。という例。


文章の組み立てや人物描写には特に難は見られないだけに、選択した素材を上手く扱えていないのが残念で仕方ない。


これを帯で梅雨沢恵一(キノの旅とかの作者)大絶賛と書かれているのは、もにゃっとする。


なんとか最後までは読んでみようか。



あ、メカデザは好みです
キャラ絵もいいんじゃないですかね
[PR]
by varelire2 | 2017-03-05 22:14 | | Comments(0)

ネトゲの傍らにオフゲを積んでいく人の徒然ダメ日記


by varelire2
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31