[小説] 白銀の救世機

天埜冬景・著
黒銀・絵
MF文庫・刊行


雪の結晶のような生命体、XENOによって全土が覆われた地球
そこでは旧人類は姿を消し、生き残る為にXENOとの融合による環境適応力を得た新人類ゼノイドとXENOとの永遠に続く戦いが繰り広げられていた
ゼノイドは感情を持たない
XENOとの融合時に失ってしまったから

ゼノイドの落ちこぼれアルツは、選別試験中に旧人類の遺物ゼストマーグとコールドスリープしていた旧人類ナユキと出会い、自分と世界を変える戦いに巻き込まれていく


XENOやらゼノイドが静的なのに対して旧人類がひたすら熱い
凍える心を粉砕するかのように小宇宙(コスモ)的なものを燃やして力に変える!武装を作る!機体すら変える!
二人乗りリアルロボットかと思ったら四人乗りスーパーロボットにまで!
ヒロイン・ナユキは叫びまくる!


なんかyoutubeで公式PVまであった

ロボアニメ不作の中、活字サイドだけでも増えてくると嬉しいなぁ
[PR]

  by varelire2 | 2013-02-25 21:42 | | Comments(2)

Commented by ドラゴラム at 2013-03-20 20:27 x
うおー
スーパーロボットー!
熱いのぜー!
Commented by varelire2 at 2013-03-30 18:38
先日、2巻が出ました
まだ読んでないけど

<< [RO] エルディカスティス [小説] ナイツ&マジック >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE